お知らせ:J-CAPTA総会記念講演会のご案内

2016年7月2日

7月はJ-CAPTA定時総会です。
今年は7月23(土)、24日(日)の2日間、札幌での開催です。2016 soukai

今年の総会記念講演会は、今、話題のテーマです。
田中康雄さんには、発達障がいのある子どもの「こころとそだちのむすびめ」について語っていただきます。
そして、「予約の取れない診察室」の田中康雄さん、「情短施設でアロハ・キッズ・ヨガ」に取り組む森田ゆりさんとの対談です。

また、今話題の「小規模多機能自治」の名付け親、J-CAPTA理事長でもある川北秀人さんの連続講座を開催します。

いづれも一般公開ですので、どなたでもご参加いただけます。
申込みは直前まで受け付けています。
どうぞ多数ご参加ください。 
それぞれ会場が異なりますのでご注意ください。

7月24日(日)総会記念講演会
*日時:2016年7月24日 10:00~12:10
*会場:札幌市教育文化会館(札幌市中央区北1条西13丁目)
  研修室305
*参加費;1000円
*総会記念講演 田中康雄さん
*対談 田中康雄さん、森田ゆりさん

2016kawakita川北秀人さん連続講座
*「意義と事例編」
・日時:2016年7月22日(金) 18:30~20:30
・会場:札幌エルプラザ 4階大研修室
    (札幌市北区北8条西3丁目)

*「しくみづくり編」
・日時:2016年7月23日(土) 09;45~11;45
・会場:札幌市教育文化会館 研修室302
 (札幌市中央区北1条西13丁目)
参加費:それぞれ2000円。 2回とも参加の場合は3500円。

 

 

※上記いずれの講演の問合せ・お申込み先
                               FAX 011-666-8517
                               メール j-capta@j-capta.org

報告:「CAP中学生プログラム養成講座in長野」終了しました

2016年6月16日

6月11・12日、新緑の長野市で「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座」が無事終了しました。

中学校のみならず、児童養護施設、高等支援学校でのニーズも高い中学生プログラム。 参加者はすぐにでも実践できるようにと、熱心に聞き入っていました。
今後のさらなる展開が期待されます。IMG_2581Ass

◆参加者の声
・初めて中学生プログラムを体験できてよかった。モノローグやアクティビティなど、小学生版とは違う部分が興味深かった。
・思春期の発達をしっかり押さえることは大切と思った。
・自分らしく生きるということを考えさせられました。
・中学生暴力防止プログラムの作成の歴史、必要性がよく理解できた。
・体罰については自問自答しました。

「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in長野」開催間近!

2016年5月31日

J-CAPTAでは、6月に「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in長野」を開催します。
日本におけるCAPの中学生向けのプログラムとして1999年に森田ゆりさんによって開発された「CAP中学生暴力防止プログラム」。実施された中学校ではその効果が高く評価され、継続的に実施されています。
また児童養護施設や高等支援学校でも取り組みが進んでいます。

これから中学生暴力防止に取り組まれるグループのみなさん、ファシリテーターを目指されるみなさん、どうぞご参加ください。IMG_2474A

 すでに中学生暴力防止プログラム養成講座を修了した人のための、フォローアップ受講も受け付けています。
(画像は2015年10月札幌会場にて)

 

日時:2016年6月11日(土)10:00~18:00
        12日(日) 9:15~17:15
場所:11日 長野県ふれあい福祉センター
   12日 長野市勤労者女性会館しなのき
講師:木村里美・西野緑(J-CAPTAトレーナー)

熊本地震によせて

2016年5月23日

熊本地震の発生から1ヵ月がすぎました。多くの学校で授業も再開され、
少しずつ日常が戻り始めたことでしょう。
しかしなお、多くの方々は避難生活を送られ、まだまだ先の見えない状況が
続いています。被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復興を願っています。

J-CAPTAは5年前の東日本大震災発生時から、
日本ユニセフ協会と連携してJCAP311Projectを発足し、
地域のグループと共に子どもたちのエンパワメントに取り組んできました。
その中で確信したことは、おとなのちょっとした心配りがあれば、
非日常であってもその日常を、子どもらしく安心して
生きることが出来る場に変えることが出来るということです。
子どもの中にある生きる力をおとなたちは引き出すことが出来るのです。

ここで改めて、今回の熊本地震で被災された皆さんや
子どもたちの周りで活動をされている皆さんに、
JCAP311Projectで発信したメッセージ「心の応急手当」を送ります。

Adobe Photoshop PDF
画像の「心の応急手当」は次の冊子からです。
「CAP読本 日々の生活にCAPを!」 
~CAPのメッセージはあなたと子どもの信頼の絆を深めます~ 

ご希望の方はj-capta@j-capta.org へご連絡ください。

報告:CAP中学生暴力防止プログラムトレーナー養成講座終了しました

2016年3月30日

2016年3月26日(土)、27日(日)兵庫県西宮市で、CAPセンター・JAPANとJ-CAPTAの共同開催「CAP中学生暴力防止プログラムトレーナー養成講座」を開催しました。

講師はJ-CAPTAトレーナーの石附幸子、木村里美、西野緑です。
IMG_2561C
このプログラムは日本におけるCAPのティーン向けプログラムとして、1999年に森田ゆり(現J-CAPTA名誉顧問)さんによって開発されました。思春期の子どもたちの抱える身近な問題が盛り込められたこのプログラムは、全国の中学校、児童養護施設、高等支援学校等で実施されています。
http://j-capta.org/cap/jhsp.html

今回のCAPトレーニングセンター共同開催トレーニングを通して、全国のCAPグループがティーンズプログラムを均一に実施できるよう、質の高い養成講座の提供を目指します。そしてティーンズの子どものエンパワメントを広げましょう。

東日本大震災から5年を迎えて

2016年3月11日

東日本大震災から5年を迎えました。

5年の月日は私たち一人ひとりの上に平等に流れつつも、その重さはそれぞれが担ってきた状況によって大きく 異なることでしょう。

震災直後、J-CAPTAは「不安を勇気に変える-JCAP311Project」を立ち上げ、岩手県・宮城県・福島県のCAP グループと共に、被災・避難地域の子どもたちにCAPを届けてきました。
このプロジェクトはそこに暮らす方々の生きる力に励まされ、CAPの真価を問い
直す作業となりました。改めて多くの困難の中で共に働いてきて くださっ
たCAPグループの皆さんに敬意を表します。

J-CAPTAは、被災された方々、なお避難生活を送っていらっしゃる方々、新たな生活をスタートされている方々、それを支援し続けている多くの 方々と共に、
この日に祈りを合わせ、この日を忘れずに歩みを進めていきます。

お知らせ:2016年度養成講座、開催速報!

2016年2月29日

2月も末となりました。暴風雪、悪天候による警戒地域の皆さま、どうぞ気を付けて安全にお過ごしください。

2013年6月「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in長野」にて

2013年6月「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in長野」

さて、2016年度に開催を予定しているJ-CAPTA養成講座の
日程が決定しましたのでお知らせします。
どうぞ予定に入れてください。

◆CAPスペシャリスト養成講座in帯広
 基礎編 2016年9月23日、24日、25日(金、土、日)
 実践編 2016年10月22日、23日(土、日)

◆CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in長野
 2016年6月11日、12日(土、日)

◆CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in秋田
 2017年5月13日、14日(土、日)

会場等詳細は決まりましたらこのブログでお知らせします。
また調整中の講座についても、随時このブログでお知らせします。

J-CAPTA講座・研修について
http://j-capta.org/kouza/index.html

お知らせ:「CAPスペシャルニーズ・プログラムin新潟」開催

2016年1月30日

新しい年になり、はや1ヶ月が過ぎようとしています。SNP
暖冬と言われていただけに、この寒波は厳しいですね。

さて、2016年4月9日(土)、10日(日)の2日間、
新潟市で「CAPスペシャルニーズプログラム養成講座」を
開催します。久しぶりの開催です。是非ご参加ください。

尚、この養成講座を受講するためには、「CAP就学前プログラム養成講座」を修了していることが必要です。

【CAPスペシャルニーズプログラム養成講座in新潟】

このプログラムは、知的障がいのある子どもへ向けたCAPプログラムです。
日本では2008年より養成講座が始まり、全国の特別支援学校・学級等で実施されています。スペシャルニーズプログラムならではの方法とCAPの基本が詰まっています。通常のクラスで出会う障がいのある子どもへの対応にも役立ちます。すべてのスペシャリストのみなさんに知っていただきたい内容です。
すぐに実施しないグループの皆さんも是非この機会にご参加ください。

開催日時:2016年4月9日(土) 10:00~18:00
        4月10日(日) 9:15~17:15
場所:新潟市総合福祉会館 5階大集会室1,2
講師:木村里美

※案内チラシはこちらからhttp://j-capta.org/kouza/specialist.html

また以下の養成講座の開催が予定されています。詳細は決まり次第このブログなどでお知らせします。

◆CAPスペシャリスト養成講座(帯広)

◆CAP中学生暴力防止プログラム(長野)

◆CAP中学生暴力防止プログラム(秋田)

◆CAP就学前プログラム養成講座

報告:2015年の終わりに

2015年12月29日

IMG_2394-B今年は日本のCAP20年の年でした。J-CAPTAは発足7年目に入りました。

2011年から継続しているJCAP311Projectは5年目となり、今年も日本ユニセフ協会と連携し、福島県全域と岩手県・宮城県沿岸地域でのCAPワークショップ無料提供を続けることができました。

また、CAPトレーニングの継承と普及を目指して、トレーナー養成基金を設置し、人材育成を推進しました。今年実施した5回のCAPスペシャリスト養成講座は新トレーナーが担当しました。ブロックから選出されたトレーニングリーダーも動きだしました。
そして、創設時理事長森田ゆりさんの後を受けて、新田初美さんが2年間理事長を務め、7月には川北秀人さんが新理事長に就任し、新たな時代へと入りました。

今年1年を振り返り、多くの皆さまとの出会いとつながりに感謝申し上げます。
来年もさらに力を尽くすことを決意しています。

2016年度の最初の事業は「CAP就学前プログラム養成講座in郡山」です。
申込みを受付けています。

日時:2016年1月16日(土) 10:00~18:00
場所:郡山市音楽・文化交流館(ミューカルがくと館中ホール)
講師:石附幸子 木村里美
参加資格:CAPスペシャリスト
※案内チラシはこちらから http://j-capta.org/kouza/specialist.html

今年1年ありがとうございました。良い年をお迎えください!

お知らせ:JaSPCAN(日本子ども虐待防止学会)にいがた大会に参加します

2015年11月16日

今年の日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN)第21回学術集会にいがた大会~つながりへのチャレンジ~は、11月20-21日(金―土)新潟市、朱鷺メッセで開催されます。 

J-CAPTAはパネル展示と応募シンポジウムで参加します。

2014年名古屋大会での展示

2014年名古屋大会での展示

どうぞお立ち寄りください。

※プログラム詳細および参加方法は、JaSPCANホームページをご覧ください。
 http://jaspcan.sakura.ne.jp/ 

◆J-CAPTAが発表する分科会シンポジウム
  11月21日(土)16:00-17:40
  テーマ「生きづらさを抱える子どもの背景にある虐待と
  発達の課題~障がいのある子どもへのCAPからの戦略」
  発表者:西野緑(大阪府教育委員会チーフ・スクール ソーシャルワーカー)
      轟千栄子(とどろき医院小児科専門医)
      木村里美(一般社団法人J-CAPTAチーフディレクター)
    
◆11月19日(木)には市民公開講演会が開催されます。
森田ゆりさん講演会
会場: 朱鷺メッセ メインホール
日時: 11月19日(木) 午後6時~7時30分 
講演タイトル:「生きるちからを引き出す子育て~エンパワメントと子どもの人権」
参加費: 無料 (申し込み不要)
    
【J-CAPTA会員の皆さまへ】
JaSPCANの日程に合わせて、
「J-CAPTA社会的養護を考えるCAPプロジェクト(仮称)発足に向けた会員集会」と「会員交流会」を開催します。
詳しくは、会員限定フェイスブックでご確認ください。
会員限定フェイスブックへ参加希望の方は、会員種別(所属グループ名またはアクション会員)をお書きの上、j-capta@j-capta.orgへお知らせください。