‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

報告:「CAPスペシャリスト養成講座in長野」実践編終了

2020年11月15日 日曜日

紅葉の美しい季節の11月7日(土)、8日(日)の2日間、長野県長野市で「CAP
スペシャリスト養成講座in長野 実践編」が開催されました。

長野県での開催は3年ぶりとなり、感染対策を万全として9月に開催された基礎編と合わせて40時間を終了し、13人のスペシャリストが誕生しました。

長野県では 8年前から全ての児童養護施設に人権擁護の目的で
CAPが導入されました。また、4年前「子どもを性被害から守るための条例」ができ、その支援事業として人権教育としてのCAPおとなワークショップに補助があり、CAPの広がりを感じています。

長野県内外からの受講者の皆さんと共に、子どもの人権が尊重される社会を創ります。

人との距離を十分にとった会場

人との距離を十分にとった会場


◇参加者の声
・トークタイムについて学び、とても興味深く、またカウンセラーとも違う立場で
の姿勢の難しさも感じました。
・子どもの力を信じること、力があるんだということを
心底できるおとなになりたいと思います。
・子どもや一人一人が持っている力を信じて進んで行きたい。
・コロナ対策も徹底的に考えられ実践していただき、
誠にありがとうございました。
講義

講義


ロールプレイ

ロールプレイ

報告:J-CAPTAフィンケルホー記念事業2020 終了しました

2020年11月8日 日曜日

子どもと女性への暴力に関する統計調査研究の第一人者のディビッド・フィンケルホーさんを日本に招聘して今年で10年。この記念の日の10月31日、札幌で開催された森田ゆりさんの「新版・しつけと体罰」1日研修(NPO法人北海道CAPをすすめる会)をフィンケルホー記念事業として指定し、その後、全国にいる会員とJ-CAPTAフィンケルホー記念事業2020・会員オンライン交流会を行いました。

人との距離は十分にとります

人との距離は十分にとります


熱のこもった研修

熱のこもった研修

【ZOOM「J-CAPTAの部屋」フィンケルホー記念事業10年! 】
リアルとZOOMで約30人が、10年前の東京有楽町朝日ホールで開催した、フィンケルホー招聘フォーラムの思い出を語りました。ゲストは森田ゆりさん。当時の写真を見たり、ゆりさんのメッセージを確認したり、10年前の感動を共有しました。これからも私たちは子どもへの暴力を止めたいと願う関係者と連携し、子どもの人権が尊重される社会を目指していきます。

報告:「CAPスペシャリスト養成講座in郡山」終了しました

2020年11月4日 水曜日

10月24日(土)、25日(日)の2日間、福島県で「CAPスペシャリスト養成講座in郡山 実践編」が開催されました。8月に開催された基礎編と合わせて40時間を修了し、今年も18人の新スペシャリストが誕生しました。
東日本大震災から10年たとうとしています。そして「福島県子どもの心のケア事業」として8年の継続開催、熱気に満ちた講座となりました。今年も福島からの新しい展開が期待されます。

参加者にはあらかじめ「感染症対策についてのお願い」が周知され、広い会場を確保し、感染症対策を徹底した安全な環境での開催でした。

◇参加者の声
・大きな感動がありました。3つの柱である人権、エンパワメント、学校・家庭・地域をつなぐコミュニティということが、プログラムの全てに流れていて、本当に良く練られたプログラムであると実感しました。県内の全ての学校に届けたいです。
・教職員・子どもたち・保護者全てがワークショップを受けることで、それが加害者の抑止になり、それぞれの力を信じて、うまく良い方向に行くことが成功になると理解できました。
・コロナ禍の中、会場・タイムスケジュール・消毒等、CAPの皆さんに手厚いサポートいただきスムーズに快適に受講できました。
・感染対策をしっかりしていただき安心して受講することができました。

人との距離は十分に取ります

人との距離は十分に取ります


イスを消毒

イスを消毒


接触型体温計&手指消毒用ジェル

接触型体温計&手指消毒用ジェル


安心 自信 自由 !!

安心 自信 自由 !!

報告:「CAP就学前プログラム養成講座in札幌」終了しました

2020年10月15日 木曜日

J-CAPTA、2020年度の養成講座は
感染防止対策を徹底し、人数を制限し
小規模での安全な養成講座の開催を行っております。

10月10日、11日の2日間、就学前プログラム養成講座が
札幌で開催されました。
就学前の子どもたちが暴力というテーマを楽しく学び、
自らの力で暴力に対処していくことが
日本中で高く評価されています。

今回10名のCAPスペシャリストの方が
就学前養成講座を修了されたことはおおきな希望です。
こんな時だからこそ、CAPプログラムを届けます。

人の間隔を十分にとった会場

人の間隔を十分にとった会場


換気のため常時開放された窓

換気のため常時開放された窓


除菌グッズ

除菌グッズ


プレの特色、人形の操作

プレの特色、人形の操作


ロールプレイ

ロールプレイ


講義

講義

報告:総会事業2020 in喜多方、終了しました

2020年8月29日 土曜日

2020年8月22-23日、福島県喜多方市も猛暑の中、J-CAPTA総会事業2020の全プログラムを滞りなく終了しました。今年のテーマ「いのちをまもるCAPの役割」にふさわしい2日間でした。

J-CAPTA感染対策医療チームのアドバイスのもと、感染対策を徹底して行いました。
ご参加いただいた皆さまご協力ありがとうございました。(参加者76人)

◆8月22日(土)
恒例のトレーニングリーダー企画研修からのスタート。
テーマは「感染防止に配慮したワークショップの実践報告」。コロナ禍の中でもCAPワークショップを実施しているグループの中から6グループが実践報告をしました。
IMG_3364s

定時総会
総会議案はすべて承認されました。(当日出席15グループ・委任18グループ)
IMG_3373s

総会第2部「助成採択グループ成果発表会」
2019 年度CAP 基金助成採択4グループ、ドコモ市民活動団体助成採択7グループ、成功事例発表エントリー5グループが発表しました。助言者:川北秀人さん(前理事長/IIHOE)、ゲスト:モバイル・コミュニケーション・ファンド、新潟 NPO 協会

交流会
サプライズゲストの森田ゆりさんのオンライン講話付きでした。「DVと性暴力は世界の公
衆衛生への脅威」

 IMG_3393s2020総会2部川北さんBC
IMG_3395F

    ・-----・-----・-----・-----・-----・

◆8月23日(日)
CAPパレード
今年はあいづCAPによるステージからのCAPアピール。
2020CAPパレードB

記念講演「いのちをまもる~いじめと子どもの生きる権利」
講師:葛岡道男さん(保護者)、倉持惠さん(弁護士)
子どもを亡くされた保護者さんの「いじめと自死の関連性」の認定を求めた5年に渡る真相解明への闘いと複雑な思いを伺いました。 保護者の代理人としてこの重大事案に関わった弁護士さんからは、第三者委員会の役割と被害者支援についてお話いただきました。IMG_3430 ss

全体研修「性的虐待判決-無罪と有罪の狭間」講師:岩城正光さん(弁護士/J-CAPTA理事)
今年2月、愛知県内で起きた父親から娘への性的虐待に、逆転有罪懲役10年の判決が大きく報道されました。弁護士としてかかわった岩城理事に有罪と無罪の狭間に何があったのかを伺いました。IMG_3434ss

公開講座
「2021年度ドコモ市民活動団体助成事業助成金説明会」(NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド)
特別研修「助成金申請書の書き方から、事業と組織の在り方・進め方を考える」講師:川北秀人さん(前J-CAPTA理事長/IIHOE代表者)
「助成とは成長を助けること」。学んだことをしっかり地域のCAP活動に活かします。IMG_3442ss

2020年、私たちは新型コロナウイルス感染症という新たな課題に直面しています。J-CAPTAが立ち上がった1年目の2011年、東日本大震災が起きたとき私たちは被災地における子どもの人権を守るために、「不安を勇気にかえる」ことを合言葉に全力を注ぎました。今回の新型コロナウイルス感染症も同様に、どんな状況にあっても子どもを中心にした社会、子どもの人権が守られる社会を目指して、安全に着実に活動を推進していきます。

J-CAPTAアクション 2020年CAPの日

2020年5月14日 木曜日

毎年5月の第2土曜日はJ-CAPTAアクション「CAPの日」。
今年は5月9日でした。
各地で活動するCAPグループが、CAPについて一斉に発信しました。
J-CAPTAフェイスブックへのコメントをご紹介します。(新着順)

toopu

★十勝CAPそらの駅(北海道 音更町)         
CAPの日♪会えないのが、こんなにさみしいなんて!安心・自信・自由!これからもできることを楽しく伝えていきます♪
tokati1

★CAPオホーツク(北海道 北見市)
これから色々なことが変化していくのだろうと感じています。そんな中でも、安心・自信・自由の大切さは変わらないと思っています。仲間の存在そのものがエンパワメントです。

昨年の公開おとなワーク

昨年の公開おとなワーク

★こどもCAPふくしま(福島県 福島市)
こんな時だからこそ、子どもにもおとなにもCAPのメッセージを届けたいですね。
fukusima

★CAPみしま・大阪(大阪府 高槻市)
「不安を勇気に変えるCAPのメッセージを、今は大切にあたためて子どもたちに会える時を待っています。今をそしてこれからを…みんなで頑張りましょう! 」 (写真は2019年7月に撮影)
misima

★子どものけんりCAPいしかわ(石川県 金沢市)
たいせつな”わたし”を守るために今できることをしながら、その先にある「あんしん、じしん、じゆう!」と笑顔で言える日を楽しみにしています。
isikawa

★CAPながの(長野県 長野市)
会えないけれど、初めてのzoom例会でみんなと会えて、笑ってハッピーです。そして、それぞれの目標を熱く語り合いました☺️この気持ち、早く子どもたちに届けたいです。
nagano5

★北海道CAPをすすめる会(北海道 札幌市)
パンフレット(2019年度ドコモ市民活動団体助成)を活用し、北海道7グループと共にCAPの広報に努めています。不安を勇気に転ずるCAPのちからを「今こそ北海道に!」
do CAP3

★ENJOY CAP(千葉県 千葉市)
昨年の「CAPの日」のFBを見ながら、まさか、こんな日が来るなんて。ますますCAPの理念が心に響きます。 さてさて、このステイホーム中にHPを作成します!近日公開、乞うご期待!
enjoy

★CAP・にいがた(新潟県 新潟市)
「CAPの日」、HPに「CAPからのメッセージ」をアップしました。
niigata5

★J-CAPTA ディレクター
つながることはエンパワメント!多様な方法で…
drekuter9

★うらかわCAP(北海道 浦河町)
今まさに「安心、自信、自由」が奪われている子どもたちに、何が出来るかを私たちは考え続けていきます。
urakawa

★CAPむろらん(北海道 室蘭市)
少ないメンバーですが、力を合わせて地域の子ども達にワークを届けられるよう頑張ります。
muroran7

★CAPかたつむり(長野県 松本市)
CAPの日の本日、CAPかたつむり総会をリモートWEB会議にて実施しました。私たちも、離れていても心ひとつに、子どもたちに『安心・自信・自由』をとどけていきたいと、思いを強くしました。
katatumuri4

★あいづCAP(福島県 喜多方市)
今こそ知恵を出し合い、子どもの安心・自信・自由のためにできることを考え、行動しましょう。
aidu2

★あおもりCAPの会(青森県 鰺ヶ沢町)
大鰐町の阿闍羅山のわんぱく広場でCAPの人形達の写真撮影しようと思って行って見たら・・・なんと満開でした。人形達と一緒になってCAPが”広がれ〜とどけ〜”と言いながら写真を取って来ました。
aomori4

★富山CAP(富山県 富山市)
子どもたちにCAPワークショップを届けるために、いろんな挑戦の機会をもらった!自粛の中、じっとしてはいられない、啓発動画をFBで配信してみた。できることはある!「CAPの日」は子どもたちにCAPを届けようと、全国で行動!
toyama2

★CAPこおりやま(福島県 郡山市)
当初は、メンバー皆でCAP Tシャツを着てラジオ体操に参加したり…オレンジリボンを作成しているところを動画で配信したり…ラジオ出演もやりたいね!!等々、様々な楽しい企画を話し合っておりました。しかし 今は Stay Home .メンバーそれぞれが今できることを!
kooriyama

★CAPあきた(秋田県 秋田市)
こみっと総会を行いました。今年はワークをバンバン行うのは難しそうですが、そんなときだからこそ、若手スペシャリストの育成に力を入れていこう!
akita

★CAPしなの(長野県 岡谷市)
新型コロナウィルスが終息し安心な日々が来る日を待っている子どもたちが元気でいられますように。私たちはワークを届けられる日々のために自己研鑽しながら待ちます。
sinano

★CAPのと(石川県 羽咋市)
CAPの日に地域グループの様子をシェアしました!
noto

★CAPあさひかわ(北海道 旭川市)
総会は年度の区切り、何とかならないかと思案した結果、LINEを駆使して集約し、資料送付で承認と言う次第で行う様にいたしました。
asahikawa4

各地のCAPグループのホームページやFBはこちらから
http://j-capta.org/groupmap/index.html

お知らせ:「CAPスペシャリスト養成講座in柏」開催間近

2020年2月17日 月曜日

2020年、J-CAPTA最初の事業は「CAPスペシャリスト養成講座in柏」です。

柏市では昨年10月にJ-CAPTA主催フィンケルホー記念~子どもへの暴力防止フォーラム2019in柏が開催されました。子どもたちが被害者になる様々な事件を起こっている昨今、私たちは今こそCAPを広げるときと考えています。
どうぞ、CAPの理解者と実践者として、子どもの人権が尊重される社会をつくる仲間になってください。

日時:基礎編 2020年2月22日(土)、23日(日)、24日(月祝)
      (1日目10:00~18:00/2日目、3日目 9:15~17:15)
   実践編 2020年3月28日(土)、29日(日)
      (1日目10:00~18:00/2日目9:15~17:15)
場所:Kouwa 会議室
 (千葉県柏市4-5-10 サンプラザビル4F/TEL 04-7611-9888)
対象:CAPに関心のあるすべてのおとな(18歳以上) 
定員:20人
講師:太田美津子・田中明子(J-CAPTAトレーナー)
問合せ:J-CAPTA総合インフォメーション j-capta@j-capta.org

お知らせ:今後の養成講座

2020年1月28日 火曜日

2020年が明けてからはや1か月が経とうとしています。

今年は阪神淡路大震災から25年の年、
その年は日本で初めてCAPスペシャリスト養成講座が開催された年でもありました。
そして東日本大震災から9年になろうとしています。
私たちは大変な時こそ子どもたちに寄り添い、
子どもたちの不安を勇気に変えていこうと努力してきました。
今年もまたこの努力を一層続けていきます。

今後の養成講座をお知らせします。
是非予定に入れて頂き、一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。

◆CAPスペシャリスト養成講座 
<柏会場>  開催地:千葉県柏市 
        協力グループ:CAPなのはな
        基礎編:2020年2月22・23・24日(土・日・祝)
        実践編:2020年3月28・29日(土・日)

<長野会場> 開催地:長野県長野市
        協力グループ:CAPながの
        基礎編:2020年9月19日・20・21日(土・日・祝)
        実践編:2020年11月7・8日(土・日)

<八戸会場> 開催地:青森県八戸市
        協力グループ:あおもりCAPの会
        基礎編:2020年11月21・22・23日(土・日・祝)
        実践編:2020年12月12・13日(土・日)

◆就学前プログラム養成講座 
 開催地:北海道札幌市 
     2020年5月9・10日(土・日)/協力グループ:北海道CAPをすすめる会

◆中学生暴力防止プログラム養成講座
 開催地:長野県長野市
     2021年3月6・7日(土・日)/協力グループ:CAP ながの

IMG_3343a

2019年の終わりに

2019年12月30日 月曜日

2019年は各地でスーパー台風や豪雨などによる大規模災害や農業被害など、命や健康にかかわる深刻な被害が発生しました。
被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。

J-CAPTAは2009年に発足し、今年で10年を迎えました。
わたしたちは、この社会に染み付いた子ども差別の現実に目を逸らさず、子どもへの暴力のない社会、 すべての子どもたちが安心して自分を大切な存在と感じることができる社会の実現を目指してきました。

2005年をピークに減少し続けている全国CAPワークショップ実績ですが、2018年度、J-CAPTAのワークショップ回数・参加者数が、初めて前年度より増加しました。
2018年度は待望の「CAP基金」助成がスタートし、「児童虐待防止活動」をテーマとするドコモ市民活動団体助成事業などにも取り組み始めた年でもありました。
多くの皆さまに支えられた10年でした。
心から感謝申し上げます。

今、世界中では気候変動を止めようと若者たちが行動を起こしています。日本でも気候変動対策強化を求めるデモと同時に、英語民間試験導入は公平性がないと指摘する行動、ブラック校則に対して異議を唱える高校生たちが抗議の声をあげています。「子どもの権利条約」が批准されて25年、子どもたち自らが意見表明権を行使し、子どもの最善の権利を守るために行動を起こしています。
J-CAPTAはこれからも、「子どもの安心・自信・自由の権利」を守る行動を進めていきます。
2020年が皆さまにとって、全ての子どもたちにとって幸多い年でありますよう心からお祈りいたします。
2019saaporo-1

報告:「CAPスペシャリスト養成講座in福島」終了しました

2019年11月29日 金曜日

11月23日(土)、24日(日)の2日間、福島県福島市でCAPスペシャリスト養成講座実践編が終了しました。2019fukusima-1
基礎編と合わせて全5日間40時間を修了して27人のCAPスペシャリストが誕生しました。
福島県子どもの心のケア事業として継続して実施され、多くのスペシャリストが毎年誕生しています。
子どもの人権が尊重される社会を目指そうとの熱い思いの溢れる会場でした。
福島からの展開が期待されます。
2019fukusima-2

【参加者の声】
・トークタイムの傾聴の仕方が、普段子どもと関わる上でも必要で大切な内容でした。子どもに何かしてあげるのではなく、子どもの力を信じてエンパワメントする考え方は常に意識をしていきます。
・児童相談所の方の話しを伺うことができたことは良かったです。基礎編・実践編を学ぶ中で、現場の実情を知らなければなんとなく学ぶことになってしまったと思う。
・シナリオがよく練られていて、誰がいつでもどこでも演じてもCAPになる。