‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

2019年の終わりに

2019年12月30日 月曜日

2019年は各地でスーパー台風や豪雨などによる大規模災害や農業被害など、命や健康にかかわる深刻な被害が発生しました。
被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。

J-CAPTAは2009年に発足し、今年で10年を迎えました。
わたしたちは、この社会に染み付いた子ども差別の現実に目を逸らさず、子どもへの暴力のない社会、 すべての子どもたちが安心して自分を大切な存在と感じることができる社会の実現を目指してきました。

2005年をピークに減少し続けている全国CAPワークショップ実績ですが、2018年度、J-CAPTAのワークショップ回数・参加者数が、初めて前年度より増加しました。
2018年度は待望の「CAP基金」助成がスタートし、「児童虐待防止活動」をテーマとするドコモ市民活動団体助成事業などにも取り組み始めた年でもありました。
多くの皆さまに支えられた10年でした。
心から感謝申し上げます。

今、世界中では気候変動を止めようと若者たちが行動を起こしています。日本でも気候変動対策強化を求めるデモと同時に、英語民間試験導入は公平性がないと指摘する行動、ブラック校則に対して異議を唱える高校生たちが抗議の声をあげています。「子どもの権利条約」が批准されて25年、子どもたち自らが意見表明権を行使し、子どもの最善の権利を守るために行動を起こしています。
J-CAPTAはこれからも、「子どもの安心・自信・自由の権利」を守る行動を進めていきます。
2020年が皆さまにとって、全ての子どもたちにとって幸多い年でありますよう心からお祈りいたします。
2019saaporo-1

報告:「CAPスペシャリスト養成講座in福島」終了しました

2019年11月29日 金曜日

11月23日(土)、24日(日)の2日間、福島県福島市でCAPスペシャリスト養成講座実践編が終了しました。2019fukusima-1
基礎編と合わせて全5日間40時間を修了して27人のCAPスペシャリストが誕生しました。
福島県子どもの心のケア事業として継続して実施され、多くのスペシャリストが毎年誕生しています。
子どもの人権が尊重される社会を目指そうとの熱い思いの溢れる会場でした。
福島からの展開が期待されます。
2019fukusima-2

【参加者の声】
・トークタイムの傾聴の仕方が、普段子どもと関わる上でも必要で大切な内容でした。子どもに何かしてあげるのではなく、子どもの力を信じてエンパワメントする考え方は常に意識をしていきます。
・児童相談所の方の話しを伺うことができたことは良かったです。基礎編・実践編を学ぶ中で、現場の実情を知らなければなんとなく学ぶことになってしまったと思う。
・シナリオがよく練られていて、誰がいつでもどこでも演じてもCAPになる。

報告:「CAP就学前プログラムin高岡」終了しました

2019年11月18日 月曜日

11月9日(土)、10日(日)の2日間、富山県高岡市で開催したCAP就学前プログラムが終了しました。
就学前の子どもたちが暴力というテーマを楽しく学び、自らの力で暴力に対処していくことが高く評価されているこのプログラム。会場では是非このプログラムを届けたいと、CAPスペシャリストが熱心に学んでいました。
講座では実際に人形を手にしての練習もあり、人形の動かし方も熱心に学んでいました。
IMG_3329a

【感想】
・子どもの発達段階の理解、そこに配慮したシナリオやスタッフの動き方が、興味深かった。
・人形劇を使ったロールプレイがわかりやすかった。
・この年代の子どもの特性と発達に合わせてプログラムが作られていることがよくわかった。

【フォローアップ受講の皆さんの感想】
・就学前プログラムの詳細な留意点、ロールプレイ、シナリオの再確認ができてよかった。
・養成講座は1度受けて修了ではなく、フォローアップをして日々のワークショップの確認をしたり、新しい知識を取り入れてパワーアップしていく必要を感じた。
IMG_3314-a IMG_3325-a

お知らせ:「CAP就学前プログラム養成講座in高岡」開催直前!

2019年11月3日 日曜日

就学前の子どもたちが暴力というテーマを楽しく学び、自らの力で暴力に対処していくことが高く評価されているCAP就学前プログラム。
 この度、富山県高岡市で「CAP就学前プログラム養成講座」を開催します。
この講座では就学前プログラムの基本となる知識やスキルとともに、具体的な実践方法を学びます。
 これから就学前プログラムに取り組まれるみなさん、どうぞご参加ください。
またスペシャルニーズプログラム養成講座を受講するためには、本講座を修了していることが必要ですので、障がいのある子どもへのCAPの実践を目指す方も、どうぞご参加ください。
 すでに就学前プログラム養成講座を受講した人のためのフォローアップ受講(再受講)も受け付けています。

日時:2019年11月9日(土) 10:00~18:00 (9:30開場)
10日(日) 9:15~17:15
場所:ウィングウィング高岡 6階
    (富山県高岡市末広町1-7/℡0766-22-0044)
講師:木村里美・矢島宏美
参加資格:CAPスペシャリスト
問合せ・申し込み:j-capta@j-capta.org(総合インフォメーション)

就学前ワークショップで活躍する人形たち

就学前ワークショップで活躍する人形たち

報告:フィンケルホー記念フォーラムin柏終了しました

2019年10月29日 火曜日

2019年10月26日、27日の2日間にわたって、J-CAPTA主催フィンケルホー記念~子どもへの暴力防止フォーラム2019in柏「子ども虐待虐待防止における『チーム学校』の可能性」が開催されました。

第1部では、西野緑さんを講師に学校の中から見えてきたこと、SSWの役割、チーム学校による虐待の予防・介入・支援について事例を通してお話をお聞きし、「チーム学校」の要としてのSSWの役割を確認しました。
第2部では、柏市教育委員会指導主事の杉本祥子さんから「学校の現状と課題」、東京弁護士会子どもの権利委員会 学校部会・部会長の佐藤香代さんから「スクールロイヤーの現況と役割」についてお話をお聞きし、「子どもの最善の利益の実現」のため、スクールソーシャルワーカー、スクールロイヤーの役割につい考えました。参加者からもたくさんの質問やご意見を頂き活発なフォーラムとなりました。
IMG_3282A IMG_3291A
参加者約70人、学校関係者、子ども支援関係者、保護者、CAPスペシャリストなどたくさんの方々が関心を持って集まってくださいました。今後も私たちは予防分野のCAPの普及を推進し、関係機関と連携し、子どもたちの権利擁護の活動をしっかりと進めていきます。

【参加者の声】
・専門職の実践者の話を聞けて勉強になりました。子どもの声を聞くことは全てに通じると思いました。
・身近に不登校の子どもたちのことを見聞きするので、学校は子どもにとって不適切な場所なのかと、この頃思っていましたが、今日は話を聞いてこれから学校が子どもの居場所になる可能性があるんだと目からうろこでした。
・今日はそれぞれの現場での生の声を聞かせていただいて連携する大切さを痛感しました。「子どもの最善の利益の実現」「子どもの意見表明権」「希望の登校・満足の下校」「SSWは変化を起こす人」などたくさんのHappyな言葉と出会えました。
IMG_3298A IMG_3304A

お知らせ:フィンケルホー記念フォーラムin柏 開催直前

2019年10月22日 火曜日

この度の台風19号により被害に遭われた地域の皆様、
心よりお見舞い申し上げます。
一にも早い復旧を願っています。

さて、デービッド・フィンケルホーさん招聘フォーラムを記念して毎年開催しています
「フィンケルホー記念フォーラム」、今年は千葉県柏市での開催です。
テーマは「チーム学校」です。虐待という人権侵害にあっている子どもの権利擁護を念頭におきつつ、学校における子ども虐待対応の実態と課題、スクールソーシャルワーカーやスクールロイヤーの役割を理解し、子ども虐待に対して「チーム学校」ができることを皆さんと一緒に考えます。
講師はスクールソーシャルワーカー・スーパーヴァイザーとしても活躍され、J-CAPTAトレーナーでもある西野緑さんです。
参加費は無料です。どうぞお誘いあわせの上、多数ご参加ください。midori2

日時:2019年10月26日(土) 13:30~17:00
   開場13:15 直接会場へお越しください
場所:さわやかちば県民プラザ(大研修室)
主催:一般社団法人J-CAPTA・CAPなのはな
柏市社会福祉協議会団体助成事業・共同募金助成事業

【第1部】
講演:「子ども虐待とスクールソーシャルワーク 
~チーム学校における虐待の予防・介入・支援~」
講師:西野緑さん(大阪府教育委員会チーフスクールソーシャルワーカー/関西学院大学・関西国際大学非常勤講師/J-CAPTAトレーナー)

【第2部】
パネルディスカッション:「子どもの人権を守るために、チーム学校は何ができるか?」
パネリスト:柏市教育委員会指導主事 杉本祥子さん
      東京弁護士会子どもの権利委員会学校部会部会長 佐藤香代さん

※予定変更等緊急の場合はFacebookの一般社団法人J-CAPTAのページで
お知らせしますが、コメント等に対応はできませんのでご了承ください

報告:「CAPスペシャリスト養成講座in金沢」終了しました

2019年9月16日 月曜日

「CAPスペシャリスト養成講座in金沢」は、7月5日(金)、6日(土)、7日(日)の基礎編、9月7日(土)、8日(日)の実践編を終了しました。
3年ぶりの石川県での開催。県外からも受講される方もいて、CAPスペシャリスト養成講座の過程を修了し、新しいスペシャリスト17名が誕生しました。
今回の講座は医療関係者、児童福祉関係者の方々も多く、お互い刺激し合いながら、子どもの権利が尊重される社会を目指す、との熱い思いが溢れていました。
新しい仲間と共にCAPの普及に向けて活躍していきます。
kanazawa,kiso1 kanazawa2a

【参加者の声】
・テキストのどの部分も、細部にわたり練られているし、特にワークショップの一言一言やり方の細部の気遣いと注意点が本当によくできていると思いました。
・ゲスト講師の先生の「児相の機能と役割、その権限」は、自分の知らない分野で衝撃的な内容でした。
・トークタイムのワークがとても興味深かったです。実際にやってみて必要なことややるべき事、そして改善すべき事など、習得するためのプロセスが経験できました。
・トレーナーはとても聞きやすい声で、分かりやすかったです。安心できる空間でとても居心地がよかったです。
kanazawa4a

お知らせ:「CAPスペシャリスト養成講座in福島」開催

2019年8月31日 土曜日

秋の養成講座の最初は「福島県子どもの心のケア事業」として開催されます。
http://j-capta.org/pdf/kouza/20190921_fukushima.pdf
被災地へCAPワークショップを届けるCAP活動に賛同いただく方々の養成研修となっています。
福島県では2011年震災以降、日本ユニセフ協会連携事業、福島県子どもの心のケア事業で、毎年CAPスペシャリスト養成講座を開催しています。

子どもに関わる全てのおとなに受講していただき、CAPの理解者と実践者として、震災復興の中で共に子どもの人権が尊重される社会をつくる仲間になってください。

対象:18歳以上の方
定員:40人
受講料:福島県の方は無料(テキスト代4,200円)
講師:J-CAPTAトレーナー 田中明子・矢島宏美
申込み方法:9月9日(月)18時までに下記URLからお申込み下さい。
 URL:https://bit.ly/2UFZjkF

※定員に空きがある場合は県外の方も受け付けますので下記J-CAPTAへご連絡下さい。
一般社団法人J-CAPTA
メール j-capta@jcapta.org

報告:総会事業2019in札幌 終了しました

2019年8月4日 日曜日

2009年に日本で2つ目のCAPトレーニングセンターとしてJ-CAPTAは設立され、今年で10周年を迎えました。子どもへの暴力のない社会、子どもの人権が尊重される社会を目指して会員と共に取り組んできましたが、J-CAPTAはその役割を着実に果たしてきたと思います。設立からこの10年を支えてくれた地域グループの皆さん、歴代の役員の皆さん、そして何よりも、私たちCAP活動を地域で応援してくださっている皆さんに心から感謝申し上げます。

2019年7月27日(土)~29日(月)までの3日間、J-CAPTA設立10周年の記念事業が開催されました。10年前に設立の集いを開催した札幌の地で、再び10周年を皆さんと共に祝うことができたことは大きな喜びとなりました。
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

◆7月21日(土)
恒例となりましたトレーニングリーダー企画からスタートです。
IMG_3107-aIMG_3111-a

J-CAPTA定時総会を開催し、総会議案は全て承認されました。(当日出席19グループ・委任13グループ)
IMG_3124-aIMG_3128-a

総会第2部では助成(子どもの安心・自信・自由を守る基金・ドコモ市民活動助成)採択グループ15グループからの発表、成功事例から学ぶとして3グループからの発表がありました。すべての発表について川北秀人(肩書)から今後の取り組みへのコメントを頂きました。
IMG_3152-aIMG_3159-a

総会終了後、恒例となりました参加者約100人でCAPパレードを行いました。会場から大通公園に向けて「すべての子どもが大切にされる社会へ ~子どもの安心・自信・自由を守る!」が行われました。夕方とはいえまだまだ暑さの残るなか、たくさんの市民の皆さんに見守られて、汗だくになっての行進でした。
IMG_3173-a

◆7月22日(日)
J-CAPTA10周年記念リレートーク
IMG_3230-bIMG_3232-b

記念講演
CAP就学前プログラムの作成メンバーであるビビアン・チャベスさんの講演。エンパワメント、身体そして文化的謙遜についてでした。
IMG_3244-b

午後は記念ワークショップ。身体表現、言語、非言語コミュニケーションを通して、エンパワメントを深め、人々を分断する抑圧のダイナミックスを体感しました。
IMG_3250-b

全大会で来年の開催地も決定しました! 北海道CAPをすすめる会からあいづCAPに大会フラッグが引き渡されました。2020年8月、福島県での再開を楽しみに1年間歩みを続けます。
IMG_3260-b

まだまだ総会事業は続きます。今年はここから始まる!
川北秀人(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者)さんによる、特別研修「続・助成金申請書の書き方」
そして翌日は協力グループオプション企画、川北秀人さんの公開講座「理事と理事会を活かす・育てる15のポイント」と続き、とことん勉強しました。
IMG_3271-bIMG_3276-b

総会記念事業2019 開催直前!!

2019年7月24日 水曜日

J-CAPTA総会事業がいよいよ今週末となりました。
皆さま、どうぞ安全にお越し下さい。

【7月27日(土)】
10:00~トレーニングリーダー企画研修
「サクセスストーリーを語り合って、エンパワメント!」
13:00~定時総会第1部
15:00~定時総会第2部(助成採択グループ成果発表&成功事例から
徹底して学ぶ)
17:00~ブロック会議&アクション会議
18:15~CAPパレード(かでる2・7→大通公園方向→東へ→道庁赤レンガ→
札幌ガーデンパレス)
19:00~交流会

【7月28日(日)】
★は一般の皆様もご参加いただけます。
   参加費:午前2000円・午後2000円
   会場:北海道立道民活動センター かでる2・7
9:30~J-CAPTA10周年記念リレートーク★
10:45~記念講演「エンパワメント、身体そして文化的謙遜」★
13:30~記念ワークショップ「内から外へと学ぶ:エンパワメントの
資源としての 身体」★
   http://j-capta.org/pdf/kouza/20190728_j-capta_10.pdf
17:00~特別研修「新・助成申請書の書き方講座」

【29日(月)】
公開講座「理事と理事会を活かす・育てる15のポイント」★
    http://j-capta.org/pdf/kouza/20190729_koukai.pdf
    会場:北海道立道民活動センター かでる2・7 1040会議室
    参加費:1,500円(テキスト代、お茶付き)

緊急時における総会事業のスケジュールの変更等はfacebookの
一般社団法人J-CAPTAのページでお知らせさせていただきますが、
コメントやメッセージ等には対応できませんので、ご了承ください。