報告:「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in新潟」終了

2018年4月2日

きょうから新年度、新学期が本格的に始動ですね。

さて、J-CAPTAでは
3月17日(土)、18日(日)「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in新潟」が
終了しました。
新潟市で開催された今回の養成講座では、隣県の長野県、富山県からたくさんの方が受講し、22人の方が修了しました。2日間を通してフォローアップ参加者も 多く、総勢で41人の参加者で活気に満ちた養成講座となりました。

特に新潟では、中学生いじめ自殺事件を受け、今年度より新発田市で全て の中学1年生(小学5年生も)に「いじめ防止事業」としてCAPプログラムが実施 されます。参加者のこの事業に寄せる思いも強く、実践に向けて真剣に取り組ん でいました。

これからも、J-CAPTAでは、一人でも多くの子どもたちにCAPティーンズプログラムを届けたいと願っています。

お知らせ:「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in新潟」開催

2018年2月24日
2017年11月福島会場にて

2017年11月福島会場にて

凄い寒波に震えるうちに、1月、そして2月も過ぎてしまいそうです。

2018年3月17日(土)、18日(日)、
「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in新潟」を開催します。
このプログラムは、日本におけるCAPの中学生向けプログラムとして、
1999年、森田ゆりさんによって開発されたものです。

実施された中学校ではその効果が高く評価され、
また、児童養護施設や高等支援学校での取り組みが進んでいます。
いじめや体罰が社会問題になっている中、今後、さらに中学での
実施が求められています。

この講座では中学生暴力防止プログラムの
基本となる知識やスキルを学び、普及の戦略についても考えていきます。
これから中学生暴力防止プログラムに取り組まれるグループの方、
ファシリテーターを目指されるかた、どうぞご参加ください。

新潟市内はこの冬、平年の10倍以上の雪が積もりましたが、
3月になれば暖かな春の芽吹きがお待ちしています。

日時:2018年3月17日(土)  10:00~18:00
18日(日)   9:15~17:15
場所:新潟市総合福祉会館 5階大集会室
(新潟市中央区八千代1-3-1 ℡025-248-7161)
講師:木村里美・西野緑 (J-CAPTAトレーナー)
参加資格:CAPスペシャリスト

報告:2017年の終わりに

2017年12月29日

2017年が終わろうとしています。
異常気象や不安を覚える出来事も多かった一年でした。

J-CAPTAは不安を勇気に変えるべく、一歩ずつ地道に歩んできました。
今年もたくさんのCAPスペシャリストが誕生しました。
日本でCAPが始まって以来22年間、毎年新たなCAPスペシャリストとCAP支援者が増え続けています。その一人一人の心にともった灯を集めたら世界はきっと明るくなるでしょう。
2人3人で夢見たならば、夢は必ず実現する。ならばしっかりと夢を描き進みたいと思います。

多くの皆さまのご支援に心から感謝申し上げます。
来年も皆さまと夢を共有し、努力を惜しまず歩み続けます。

どうぞ2018年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって、全ての子どもたちにとって幸多い年でありますよう心からお祈りいたします。

「J-CAPTA定時総会事業2017inのと」会場にて

「J-CAPTA定時総会事業2017inのと」会場にて

報告:2017年もたくさんのスペシャリストが誕生しました

2017年12月27日

2017年も残すところあと5日となりました。

「CAPスペシャリスト養成講座in南相馬」、「CAPスペシャリスト養成講座in函館」、「CAPスペシャリスト養成講座in長野」の実践編が、8月19日・20日、9月17日・18日、11月18・19日にそれぞれ終了し、今年も多くのフレッシュなスペシャリストが誕生しました。
hakodateA

それぞれの地域のニーズに合わせて開催された養成講座。そこで誕生したスペシャリストの活躍を地域の子どもたちは心待ちにしています。私たちも新しい仲間と共に、子どもの人権が尊重される社会を目指して、いっそう頑張ります。 naganoC

報告:「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in福島」終了

2017年12月12日

11月25日(土)、26日(日)「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in福島」終了しました。IMG_2857A

福島県では東日本大震災以降、J-CAPTA&日本ユニセフ協会連携事業、福島県子どもの心のケア事業で、毎年県内各地を会場にCAPスペシャリスト養成講座を行ってきました。受講生には先回の養成講座で新しく誕生したスペシャリストも多く、会場にはフレッシュな勢いが溢れ、福島県の中学生にCAPを届けたいという熱い想いが伝わってきました。

基本となる知識やスキル、さらにすぐに実践で役立つロールプレイの練習など、真剣に取り組んでいました。
IMG_2858B

次回の「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座」は2018年3月17日(土)、18日(日)新潟市で開催されます。

報告:フィンケルホー記念フォーラム2017終了&JaSPCAPパネル展示

2017年12月5日

12月1日、フィンケルホー記念フォーラム、終了しました。

第1部は奥田愛基さん講演会。ご自身のいじめ、不登校といった体験を真摯に語り、思いを伝えてくださる姿に多くの参加者も引き込まれていました。
感動的な語りに、深く考え、気づき、励まされる時間となりました。tiba2017okuda

第2部は佐藤槇二さん講演会。発達障がいや知的障がいの支援に長く携わってこられた現場からの「気になる子ども」の理解と支援の実際をアクティビティを交えながら語っていただきました。
tiba2017bb

=====・=====・=====

=====・=====・=====・

=====・=====・=====

=====・=====・=====

=====・=====・=====

12月2、3日は幕張メッセ国際会議場で開催された「JaSPCANちば大会(日本子ども虐待防止学会 第23回学術集会ちば大会)すべては子どもの笑顔のために~守り・育み・社会へ~」にパネル展示で参加しました。
多くの方がJ-CAPTAのブースに声をかけてくださり、グッズを手にしてくださり、
311カンパも協力いただきました。ありがとうございました!
tiba2017

お知らせ:開催直前!!「フィンケルホー記念フォーラム2017in千葉」

2017年11月28日

いよいよ近づいてきました!
今年のフィンケルホー記念フォーラムは日本子ども虐待防止学会プレ企画として開催されます。

第1部講演は元SEALDs(シールズ)メンバー、奥田愛基さんによる「『変える』~子どもが大切にされる社会への転換」。
第2部講演は長年発達障がいの子どもの支援の現場に携わってこられた、植草学園短期大学児童障害福祉専攻主任教授の佐藤慎二さんによる「気になる」子ども、発達障がいの子ども、知的障がいのこどもの支援の実際。

どなたでもご参加いただけますので、お誘い合わせの上どうぞご参加ください。
子どもが大切にされる社会の転換を求めて、参加者の皆さんと語り合いましょう。

とき:2017年12月1日(金)
   第1部 13:30~  第2部 18:00~
ところ:美浜文化ホール2F音楽ホール(千葉県美浜区真砂5-15-2)
参加費:第1部500円  第2部500円 (共に学生無料)

直接会場へお越しください。
事前申込み E-mail:cap2017chiba@gmail.com
          FAX:043-279-9232

お知らせ:「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in福島」開催直前!!

2017年11月22日

11月25日(土)、26日(日)の2日間、福島市で「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in福島」を開催します。
福島県では東日本大震災以降、J-CAPTA&日本ユニセフ協会連携事業、福島県子どもの心のケア
事業で、毎年県内各地を会場にCAPスペシャリスト養成講座を行ってきました。「不安を勇気に変える」CAPプログラムへのニーズは高く、中学校への導入も進んでいます。

中学生暴力防止プログラムは日本におけるCAPの中学生向けのプログラムとして1999年に森田ゆりさんによって開発されました。実施された中学校ではその効果が高く評価され、継続的に実施されています。また、児童養護施設や高等支援学校でも取り組みが進んでいます。

この講座では中学生暴力防止プログラムの基本となる知識やスキルを学び、普及の戦略についても考えていきます。これから中学生暴力防止プログラムに取り組まれるグループの方、ファシリテーターを目指す方、どうぞご参加ください。

既にこの講座を修了した方のための、フォローアップ受講も受け付けています。

日時:2017年11月25日(土)  10:00~18:00
            26日(日)  9:15~17:15
場所:「サンライフ福島」(福島市北矢野目檀ノ腰6番地の16)
講師:木村里美・西野緑

お知らせ:「フィンケルホー記念フォーラム2017in千葉」のお知らせ

2017年11月17日

そろそろ雪の便りが届くころですね。

今年のフィンケルホー記念フォーラムは、日本子ども虐待防止学会第23回学術集会ちば大会の開催にあわせて、日本子ども虐待防止学会ちば大会共催でJaSPCANちば大会プレ企画として行います。
「一人一人が、団体と団体が連携しながら、子どもの人権が尊重され、誰もが孤立しない社会をこの千葉から目指したい」という思いをカタチにしたCAP千葉県連絡協議会のみなさんの企画です。 tiba-a

どなたでもご参加いただけます。
お知り合いの方にもお声をかけていただき、一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。

日時:2017年12月1日(金)
第1部 13:30~  第2部   18:00~
ところ:美浜文化ホール2F音楽ホール(千葉市美浜区真砂5-15-2)

第1部講師:奥田愛基さん「『変える』 ~子どもが大切にされる社会への転換」
元SEALDs(シールズ)メンバー。

第2部講師:佐藤槇二さん「気になる」子ども、発達障がいの子ども、知的障がいの           子どもの支援の実際
植草学園短期大学児童障害福祉専攻主任教授

申込み:cap2017chiba@gmail.com 各先着150名
Fax 043-279-9232
参加費 1部 500円  2部 500円 (共に学生無料)

報告:「CAP就学前プログラム養成講座in札幌」終了しました

2017年11月15日

IMG_2845-c

11月11日、12日の2日間、「CAP就学前プログラム養成講座in札幌」無事終了しました。
強風と雪混じりの雨の中、道内外からの参加者の皆さんを迎え、開催することができました。(参加者26人)

講座ではプレプログラムの歴史や基礎知識、実施の現状や普及の戦略まで、詳しく学び、理解を深めました
参加者のみなさんはこのプログラムの実践への熱い思いを新たにしました。

北海道にはこの春浦河に新しくCAPグループが誕生し、札幌、函館、室蘭、旭川、北見、帯広の7か所で7つのCAPグループが活動しています。
この機会に再度、道内のすべての地域のすべての子どもたちにCAPを届ける決意を共有しました。
2017-a