報告:J-CAPTAアクション「CAPの日」

2019年5月17日

毎年5月の第2土曜日はJ-CAPTAアクション「CAPの日」。
今年は5月11日でした。
朝から各地で1日中いろいろな活動を行いました。

◆うらかわCAP  (北海道浦河町)
J―CAPTAアクション「CAPの日」に参加しました。  
浦河町立図書館にて、CAPの活動を紹介する「CAP」ってなあに?展を開催しました。CAPのおとな復習読本の一部を取り出し、自分の周りの子どもの素敵なところ、好きなところを書き出して貼ってもらう、住民参加型の展示を行いました。北海道新聞日高版でも取り上げてもらい、展示を読み込んでいる方もいらしたようです。今までアプローチできなかった層にも周知できたのではないかと考えます。
urakawa

◆CAP・にいがた (新潟県新潟市)
CAP・にいがたは、昨年度から委託事業を受けている新発田市の「イオン西新発田店」の「幸せの黄色いレシートキャンペーン」に登録しています。毎月11日は店頭に立ち、活動をPRしてきました。
今年は、ちょうどCAPの日が11日ということで、イオン西新発田店でCAP・にいがたの活動を、CAPTシャツ着てPRしました。
aa

◆CAPオホーツク (北海道北見市)
総会と定例会を行いました。
普段なかなか集まれないメンバーや、最近仲間になり養成講座の基礎編を終えたばかりの
フレッシュなメンバーも顔を合わせ、このCAPの日にCAPに魅せられた自分たちをあたらめて味わう一日となり、公開ワークをいくつもやろう!と決めました。
その後は同じ会場で前川喜平さんの講演会があり、時間のあるメンバーで聴くことができました。2013年に「いじめ防止等のための基本的な方針」に対する要望書をCAPから手渡したのが前川さんだったそうで、ご縁を感じました。
IMG_4061 (002) oho-tuku

◆特定非営利活動法人 北海道CAPをすすめる会 (北海道札幌市)
今年も「一日中CAPの日」でした。午前中は「CAP公開おとなワークショップin中空知」、午後は定例会を行いました。
今回の公開おとなワークショップは、北海道のほぼ中央に位置する中空知地域に住んでいるメンバーと共に開催しました。これからも、まだCAPが届いていない地域の方々にCAPを知って頂く機会を作りたいと思います。
また嬉しい事に、この日に1名入会がありました!昨年に続き当会では「CAPの日に入会」というミラクルが起こっています。新しいメンバーと共に、新たなアクションにつなげていきます‼ aaa

◆CAPみしま・大阪  (大阪府高槻市)
プレの人形のメンテナンスです。 よごれを落とし、形を整え、友だち人形には上着を着せてみました。みなさんそうだと思いますが、「うちの子たちが一番かわいい!」
私たちはプレのワークが多いので、シーズン中は2組の人形はフル稼働。 今シーズンもよろしく!
IMG_3076

◆特定非営利活動法人 子ども・人権・エンパワメント CAPながの (長野県長野市)
「陽だまりCAP カフェ」を初開催。
子どもはかわいいけど、イライラするときもあるよね。
「イライラしたときどうすればいい?」
豆本を使って一緒に考えました。
安心な空間で不安を共有できたことで、少しでも楽になってもらえれば嬉しいです。
1557549641112 (002)nagano

その他、各地のグループのホームページやフェイスブックでも、当日の様子を紹介していますので、ごらんください。
http://j-capta.org/groupmap/index.html

J-CAPTAアクション「CAPの日」のお知らせ

2019年5月6日

毎年、5月第2土曜日はJ-CAPTAアクション「CAPの日」です。
各地のCAPグループが、様々なCAPに関する企画を開催します。
すべての子どもたちの「安心・自信・自由」の権利を守るためのアクションです。

一般公開の企画をお知らせします。
お近くの方、是非ご参加ください。

◆NPO法人 子ども・人権・エンパワメント CAPながの
「陽だまりCAPカフェ」
子育て中の悩みや困っていること、イライラしてしまう気持ち・・ゆったりくつろぎながらお話しませんか?
これからの育児にも参考になる豆本を使ってみんなで考えていきます。お茶菓子もあります!
ママもパパも赤ちゃんもお気軽にご参加ください。
日時:2019年5月11日(土)10:00~11:00(開場9:45)
場所:長野市権堂イーストプラザ市民交流センター コミュニティルーム
対象:これからママ・パパになる方、小さな子どものいる保護者の方
参加費:無料 
問い合わせ・申込: capnagano@gmail.com
*準備がありますので、事前にお申込みいただけると助かります。

◆特定非営利活動法人 北海道CAPをすすめる会
企画名:CAP(子どもへの暴力防止)公開おとなワークショップin 中空知

概要:北海道のほぼ中央に位置する中空知地域で、初めてのCAP公開おとなワークショップを開催します。
あらゆる暴力から子どもを守るために、知っておきたい知識とスキルがあります。
子どものSOSをキャッチできるおとなに!是非この機会にご参加下さい。
申込不要、直接会場へお越しください。
  (申し訳ありませんが託児はありません。3歳以上18歳未満の方は入場できません。)
     
開催日時: 5月11日(土)10:00~12:00  参加費無料 
場所: 砂川市地域交流センター  ゆう  中研修室  【定員30名】
(砂川市東3条北2丁目3-3)
    
問合せ先:特定非営利活動法人 北海道CAPをすすめる会 
メール: info@do-cap.org
電話: 011-614-7499
URL: https://www.facebook.com/info.do.cap

お知らせ:「CAPスペシャリスト養成講座in札幌」開催直前!

2019年4月22日

「CAPスペシャリスト養成講座in札幌」の開催が今週末に迫ってきました。
札幌での開催は5年ぶりとなります。

子どもへの虐待や暴力についての基礎的な知識やスキルを
学べる講座ですので、18歳以上の方はどなたでも受講していただけます。
基礎編のみの受講も可能です。
1人でも多くの方に受講していただき
子どもの人権が尊重される社会を創る仲間が増えることを願っています。

すでに「CAPスペシャリスト養成講座」を修了されている方のために
フォローアップ受講も受け付けています。

日時: 基礎編  2019年4月27日(土)、28日(日)、29日(月)
             1日目 10:00~18:00
             2、3日目 9:15~17:15
     実践編  2019年5月18日(土)、19日(日)
             1日目 10:00~18:00
             2日目 9:15~17:15
場所: 市民活動プラザ星園
(北海道札幌市中央区南8条西2丁目5-74 ℡011-511-1315)
講師:田中明子・矢島宏美(J-CAPTAトレーナー)

申し込み・お問い合わせ:一般社団法人J-CAPTA
            総合インフォメーション j-capta@j-capta.org

お知らせ:今後の養成講座

2019年1月30日

今年はJ-CAPTA設立10周年となります。
7月には札幌で10周年を記念して総会を開催します。

CAPはワークショップを届けながら、子どもをとりまく社会を変える運動です。
子どもの人権が尊重される社会を目指し、一歩一歩進みたいと思います。

今年も各地でCAPプログラムの実践者を養成する講座を開催します。
皆さんもCAPを子どもたちに届ける仲間になりませんか?

今後の養成講座(2019年1月現在)
◆CAPスペシャリスト養成講座
〈札幌会場〉開催地:北海道札幌市
      基礎編:2019年4月27・28・29日(土・日・月)
      実践編:2019年5月18・19日(土・日)
〈金沢会場〉開催地:石川県金沢市
      基礎編:2019年7月5・6・7日(金・土・日)
      実践編:2019年9月7・8日(土・日)

◆CAP就学前プログラム養成講座
開催地:富山県高岡市/2019年11月9・10(土・日)
開催地:北海道札幌市/2019年秋以降で日程調整中

※調整中の講座がいくつかありますので、
 決まり次第このブログでお知らせします。

2018年の終わりに

2018年12月30日

2018年、全国のCAP活動を応援する日本初の基金「子どもの安心・自信・自由を守る基金」が、認定NPO法人新潟NPO協会に開設されました。
子どもをあらゆる暴力から守る取り組みを支えるためのしくみで、子どものけんり「安心・自信・自由」を守る予防教育プログラム(CAP)の提供、そのための人材育成、調査研究、普及啓発を支援する基金です。
基金設立初年度の助成先も決定し動き始めました。
基金設立にご尽力いただいた皆さま、運営を支えていただいている皆さま、また目的に賛同し寄付をしてくださった皆さまに、感謝申し上げます。
すべての子どもが大切にされる社会を目指して、子どもの権利を守るCAP活動を、全国のCAPグループと共にしっかり進めてまいります。

◆子どもの安心・自信・自由を守る基金(※寄付金控除対象です)
 web振り込み https://nan-web.jimdo.com/
 郵便振り込み 00540-6-52513 特定非営利活動法人新潟NPO協会
 銀行振り込み 新潟県労働金庫 新潟南支店 普通 5729008
IMG_2954nigata
いろいろな災害に見舞われることの多かった2018年でしたが、どんなときもCAPが子どもの生きる力の支えになることを願っています。
みなさまのご支援をいただき今年も活動を続けて来れましたこと心より感謝いたします。2019年はJ-CAPTA 設立10年、さらに歩みを進めてまいります。

報告:JaSPCANおかやま大会パネル展示参加

2018年12月4日

11月30日(金)、12月1日(土)、岡山県倉敷市で開催された「日本子ども虐待防止学会第24回学術集会おかやま大会 ~想いをつむぐ~」に、パネル展示で参加しました。
倉敷市は夏の豪雨被害もほとんどなく、静かな佇まいでした。aa-2

今年のパネル展示は2日目のみで分科会会場と別棟の体育館でしたが、
分科会の合間に多くの人が訪れ、同フロアでのポスターセッションを聞いたり、パネル展示ブースで説明を聞いたりしていました。

J-CAPTAブースにもお声かけいただき、グッズを手にしていただきました。
311カンパは5,860円でした。皆さま、ありがとうございました。
kasss
次回は「第25回ひょうご大会」で神戸国際会議場・神戸ポートピアホテルで、2019年12月21日(土)、22日(日)の2日間開催されます。

報告:「CAPスペシャリスト養成講座in郡山」終了しました

2018年11月30日

今年も、福島県・ふくしま子ども支援センター(受託運営:NPO法人ビーンズふくしま)共催で、「福島県子どもの心のケア事業」として、CAPスペシャリスト養成講座を開催しました。
会場の郡山市には県内各地から、教育、医療、福祉、地域活動等で子ども支援にかかわる多くの方々が集まりました。
基礎編(9月22 ・23 ・24日)実践編11月10 ・11日)の5日間40時間を修了し、35人の新スペシャリストが誕生しました。
今後はCAPの理解者として、またCAPの実践者として、県内の4つのCAPグループと一緒に、震災復興の中で共に子どもの人権が尊重される社会を創る仲間として活動していきます。
koriyama

【40時間を修了された皆さんの声】
・ようやくスタートラインです。ロールプレイはとにかく練習しかないと思います。頑張って活動させて頂きます。
・40時間すごく長かったけれど、とても充実していて、私自身もエンパワメントされました。
・学んだことをぜひ活かせることができたらいいなと思います。まず、息子の小学校でワークができるよう働きかけてみたいと思います。
・CAPを知らなかった私が基礎から学ぶ事でCAPを知る事が出来ました。CAPのスタッフとして活動するにはまだまだ時間がかかりますが、「安心・自信・自由」の権利は伝えて行きたいと思いました。
・養成講座のどの部分も興味深かったです。取り組みの1つ1つに目的があり、その目的を達成するための方法が本当に考えられているところや、ロールプレイやトークタイムにそれがきちんと反映されていることに感動しました。
・CAPスペシャリストとしての自覚が大切。そのためにはCAPの理念を自分の中に落とし込むことが必要だと感じました。

報告:「フィンケルホー記念事業in長野」終了しました

2018年11月2日

今年のJ-CAPTAフィンケルホー記念事業は2018年10月27日(土)、28日(日)、2度目の長野市での開催でした。

1日目は子どもへの暴力防止フォーラム、
テーマは「性暴力から子どもを守る」でした。
第1部では講師に警察庁刑事局捜査支援分析管理官の小笠原和美さんをお招きし、「子どもの性暴力被害と予防教育の重要性」についてお話しいただきました。…私たちが思う以上に子どもたちは様々な性暴力被害にあっている。警察が対応しているのは氷山の一角にしか過ぎない、今必要なのは、性暴力に対する社会の偏見をなくし、もし子どもが被害にあったときには「あなたは悪くない」というメッセージと共に適切な支援をすること、そしてなにより「NO! GO! TELL!」などの具体的な方法を子どもに伝えること…。CAPの必要性についても言及していただきました。
IMG_3038AIMG_3044B

第2部のパネルディスカッションでは、「長野県子どもを性被害から守るための条例」制定と現状について、長野大学社会福祉学部客員教授の山本京子さん、長野県県民文化部次世代サポート課長高橋功さん、CAPながの矢島宏美さんより、条例制定までの経緯、条例制定後の現状、条例とCAPについてお話しいただきました。
条例により一般市民への啓発が着実に進められている長野県の取り組みに学び、さらに包括的な取り組みが必要であることなど、今後に向けた課題が議論されました。

心配された雨も上がり、会場は立ち見が出る程満員でした。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

【参加者感想】
*警察としての取り組みにCAPの考え方が取り入れていることが大変うれしくなりました。性被害に対する現状、調査を知ることができ良かったです。
*多様な立場の方の意見が聞けて良かったです。小笠原さんの事例も具体的でした。県の条例についても再び考えることができました。体系的な取り組みと熱い思いの人たちがいて心強いです。
*函館市の取り組みを伺い、長野県の最近の取り組みよりもさらに力強い取り組みがなされていると知りました。性教育が行われない学校教育の中に「性暴力」を回避する教育として、CAPと共に本日のような教育プログラム、おとなへの啓発を進めていただきたい。

【2日目内容】
2日目は会員限定で、スペシャリスト研修を行いました。
J-CAPTAが進めている社会的養護プロジェクトの拡大を目指し、児童養護施設ワークショップの課題、継続の戦略などについて考えました。

IMG_3048CIMG_3052D

午後は助成事業のグループ発表と参加者からの質問・助言のワークショップ、そして川北秀人さん(IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所]代表者)の研修「助成期間中に、人材と組織をどう育てるか」でした。
IMG_3056EIMG_3068H

9時半から20時半まで、次のアクションに向けて、語り、学び、考える1日でした。CAPで社会を変えるという熱い思いを共有して、2日間を終了しました。

お知らせ:フィンケルホー記念フォーラムのご案内

2018年10月10日

J-CAPTAでは、子どもと女性への暴力に関する調査研究で世界的に活躍されているデービッド・フィンケルホーさん招聘フォーラムを記念して、毎年「子どもへの暴力防止フォーラム」を開催しています。

今年は長野県長野市で開催します。テーマは「性暴力から子どもを守る」です。

講演講師には警察庁より小笠原和美さんをお招きし、警察の現場から発信してこられた性暴力防止の取り組みについてお話を伺います。
パネルディスカッションでは長野県の「子どもを性被害から守るための条例」の制定にかかわった皆さんにお越しいただき、制定への経緯、現状と今後の取り組みについてお話しいただきます。

世界でそして日本で性暴力告発運動「#Me Too」が起こる中、性暴力の根絶に向けて活動されてきた方がノーベル平和賞を受賞されました。

共に考え、子どもへの暴力のない社会に向けて手を携えていきましょう。
多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしています。
IMG_3036 (3)aa

第1部】講演 「子どもの性暴力被害と予防教育の重要性」
     講師:小笠原和美さん(警察庁刑事局捜査支援分析管理官)

【第2部】パネルディスカッション
     「『長野県子どもを性被害から守るための条例』制定と現状」
     パネリスト:山本京子さん(J-CAPTA理事)
            高橋功さん(長野県県民文化部次世代サポート課長)
            矢島宏美(J-CAPTAトレーニングディレクター)
     コメンテーター:小笠原和美さん
     コーディネーター:木村里美(J-CAPTAチーフディレクター)

日 時: 2018年10月27日(土) 14:00~17:00 (開場 13:30)
会 場: JA長野県ビル 12階12D会議室(長野市南長野北石堂町1177番地3)
       https://www.naganoken-jabill.co.jp/access/
参加費: 1,500円
問合せ: J-CAPTA総合インフォメーション j-capta@j-capta.org
その他: 直接会場にお越しください
主 催: 一般社団法人J-CAPTA
協 力: NPO法人子ども・人権・エンパワメント CAPながの

お知らせ:「CAP就学前プログラム養成講座in函館」開催直前!

2018年9月28日

北海道胆振東部地震と全域停電により被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。被害の大きかった地域の復旧を願います。

さて10月7-8日、函館市で就学前プログラム養成講座を開催いたします。
http://j-capta.org/kouza/specialist.html
函館市はこのたびの地震の被害は少なく、交通機関も通常になっております。
この機会にどうぞ秋の道南にお越しください。

就学前の子どもたちが暴力というテーマを楽しく学び、自らの力で暴力に対処していくことが日本中で高く評価されています。
CAPプログラムの中でも、人気の高いものの一つです。

この講座では、就学前プログラムの基本となる知識やスキルとともに、具体的な実践方法を学びます。これから就学前プログラムに取り組まれるみなさん、どうぞご参加ください。
また、CAPスペシャルニーズプログラム養成講座を受講するためには、本講座を修了していることが必要ですので、障がいのある子どもへのCAPの実践を目指す方も、どうぞご参加ください。

すでに修了している方のフォローアップ受講も受付けています。
J-CAPTA準会員・アクション会員割引 1日3,500円です。

就学前の子どもたちにこそ、不安を勇気に変えるCAPプログラムを
是非届けたいですね。

日時:2018年10月7日(日)  10:00~18:00
           8日(月/祝) 9:15~17:15
場所:函館YWCA会館
   (北海道函館市松陰町1-12  ℡0138-51-5262
講師:石附幸子・木村里美
受講料:18,000円 (テキスト代別)
参加資格:CAPスペシャリスト
問合せ・申込み:J-CAPTA総合インフォメーション
            j-capta@j-capta.org

キャプチャ (3)a