報告:「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座in長野」終了

IMG_19156月最初の週末、山々の緑が鮮やかな長野市で、ティーンズ向けのCAPプログラム「中学生暴力防止プログラム養成講座」を開催しました。
参加者24人 協力:CAPながの

プログラム実践に向けて、ティーンズの発達や子ども虐待対応分野のアップデート、性暴力と性的虐待等の基礎講義のほか、プログラムの模擬実演がありました。

参加者感想
・思春期のCAPを提供するにあたって、思春期の特徴、第2次成長期、自立の目覚めなど、たいへんよく理解できた。
・子どもワークショップの体験、改めてシナリオの奥深さを実感した。中学生の心を揺らし、あきらめないことを伝えていく。
・プログラムの開発について(日本版作成の経緯)改めて気付くことが多く、いい学びになった。

アクティビティ 動いて選択

アクティビティ 動いて選択

参加いただいた長野県の皆さん、全国から駆けつけてくださった皆さん、CAPセンターJAPANの事務局さん、ありがとうございました。
また、会場での311Tシャツ売上とカンパ合計39,000円は、「JCAP311Project」被災地でのCAP活動に活用させていただきます。ありがとうございました。

次回の「中学生暴力防止プログラム養成講座」は、11/16-17岩手県盛岡市です。

 

★子どもへの暴力防止の知識とスキルを学ぶ基礎講座
「CAPスペシャリスト養成講座in秋田」受講者募集中!

基礎編6/28.29.30 *基礎編のみの参加も可能です。
実践編8/31.9/1

詳しくはこちら http://j-capta.org/blog/?p=953

◆申込み・問い合わせ:J-CAPTA総合インフォメーション
             j-capta@j-capta.org

コメントは受け付けていません。