報告:フィンケルホー記念フォーラム2012in弘前、終了しました。

【独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業】
障がいのある子どもを暴力から守るために~震災を経て、今必要なこと~

10月27-28日青森県弘前市にて開催しました。
◆対談講演「障がいと虐待~その理解と支援のあり方」
 現場からのメッセージ「子どもを支え、つながる地域を目指して」
 (参加者45人)
参加者の感想よりAA
・医療機関と施設の実態を含めた講演だったので理解しやすく、今後の支援にも有意義な時間でした。
・「適切な支援」の客観性は参考になりました。
・環境調整を望む支援について共感する内容だった。

◆実践報告会&スペシャリスト研修
 「障がいのある子どもへCAPを届ける」
 (参加者28人)
IMG_1595S参加者の感想より
・実践報告をしたグループの取り組みが、それぞれとても参考になりました。
・失敗に終わらせないをポイントにすることは、役立ちそうです。
・ろう学校、盲学校へ届けるには、事前のより密な打ち合わせが大切なのがわかりました。

 

◆JCAP311Project2年目は、WAM助成事業により障がいのある子どもへの暴力予防事業を推進しています。被災地・避難地域では、無料でCAPワークショップをお届けしていますので、ご希望の方はご連絡ください。

コメントは受け付けていません。