報告:JCAP311Project1年報告会inいわき

J-CAPTAは震災後に、CAP活動を通して子どもの生きる力を支えることを目的に、「不安を勇気に転ずるCAPのちから~JCAP311Project」を、2011年3月に発足しました。
プロジェクト1年目は、日本ユニセフ協会連携事業、WAM助成事業、311支援金により、岩手県・宮城県・福島県でのCAPワークショップ提供とスタッフ養成、グループ支援を行うことができました。
(CAPワークショップ45ヶ所122ワーク参加者2827人、スタッフ養成3ヶ所参加者87人*2012年3月末)

imgAS7月28日いわきで開催した1年報告会では、3県7グループより1年間の取り組みと現況が報告されました。
総会記念講演講師の青木悦さん、日本ユニセフ協会小野道子さん、J-CAPTA理事、会場の皆さんから、熱いメッセージが続いた2時間でした。
参加者70人

参加者感想
・現地のグループの声を聞く大切な時間でした。
・東北のメンバーの真摯な姿勢が伝わってきて感動的だった。
・被災地でワークを届ける大変さがわかった。
・J-CAPTAはじめ全国の方々の支えがあってこその1年だったと改めて感じた。

ふくしまも暑かった!(福島空港にて)
ふくしまも暑かった!(福島空港にて)

プロジェクト2年目には、より多くの子どもたちに、安心・自信・自由のけんりを守るCAPワークショップを届けます。
引き続き支援金のご協力をお願いいたします。

◆311支援金専用口座
三菱東京UFJ銀行 札幌支店
口座番号 3997427
口座名 一般社団法人J-CAPTA
*振込時にメールやFAXにてご連絡いただけましたら、被災地で配布しているユニセフ連携CAP広報グッズをお送りいたします。

*311支援金現状報告(発足~2012年5月)
総額2,557,822円(寄付1,657,962円、Tシャツ・ネームホルダー売上899,860円)これらは、3県でのワークショップ提供、グループへの物品・運営支援、ワーク応援隊派遣、Tシャツ作成等で、有効に活用いたしました。
5月31日残高565,323円(プロジェクト2年目へ繰越)

◆JCAP311Project支援情報
ユニセフ連携事業「CAPスペシャリスト養成講座in福島」申込受付中!
基礎編:9月14・15・16日(金・土・日)
実践編:10月13・14日(土・日)
下記の方は受講料が免除されます。
①岩手県・宮城県・福島県の方
②学生(除く社会人学生)
③22歳までの若い方
http://j-capta.org/kouza/capspecial.html

※速報~岩手県沿岸部での養成講座開催決定!
日程・場所は調整中です。(2013年3月末までに実施予定)

◆会員募集中
2012年度J-CAPTA支援会員(寄付会員年間2000円)の皆さんに

安心を広げようグッズをプレゼントしています。J-CAPTAの活動を支えてください。
http://j-capta.org/2011_wam/index.html

コメントは受け付けていません。