J-CAPTA定時総会事業2011、感動的に終了

IMG_0705 2011年7月30日(土)仙台にてJ-CAPTA定時総会記念講演会「ひとりぼっちじゃないよ~社会的養護の視点から」を開催しました。
講師はJ-CAPTA理事で弁護士の坪井節子さんです。
子どもの側にいるおとなとしてできること~子どもの力を信じる、
子どもの話を聴くというエンパワメントの原点を、笑いあり涙ありで
坪井さんの語りに惹きつけられての感動的な2時間でした。

J-CAPTAのビジョンである「子ども共同参画社会の実現」に向けて、
一人一人が何をなすべきかをしっかり心に描くことができました。
仙台市内の皆さま、全国からご参加いただいた皆さま、
ありがとうございました。(参加者80人)

・・・参加者の感想より・・・
*「子どもたちに教えてもらって続けられた」
「子どもとおとなのパートナーシップの実践」、
坪井さんのこの言葉は私の目標になりました。CAPの人権と
坪井さんのお話しが重なって、これからの活動に勇気を持ちました。
*現場で実際に子どもたちと関わっていらっしゃるお話し、
心が痛みました。生きていく力は、誰かが一緒にいて、信じて、
願ってもらうことだと思います。改めてCAPの底力を感じました。
*力強い言葉にいつもながら心揺さぶられます。

IMG_0715翌日の31日はCAPスペシャリスト1日研修「社会的責任期におけるCAP活動~普及・連携・継続への戦略」
を開催しました。講師はJ-CAPTA監事でIIHOE代表者の川北秀人さんでした。
http://blog.canpan.info/dede/archive/506
60人の参加者が、ポストイットセッションによる川北マジックで、
参加者相互により、振り返りと気づきを重ねられたのは、圧巻でした。
子どもへの暴力防止と子どもの人権擁護の分野では、
老舗を自負するCAPです。この運動をこれからもしっかりと地域の中で
連携し展開していくスキルを得ることができました。

※これらは、公益財団法人キリン福祉財団の助成を受けて実施しました。

◆JCAP311Project活動報告
7月30日プロジェクト発足会in仙台実施しました。
参加者80人

◆JCAP311Project支援情報
以下の方は、CAPスペシャリスト養成講座の受講料が免除になります。http://j-capta.org/kouza/capspecial.html
①学生(ただしCAPグループまたはJ-CAPTAに所属する方)
②宮城県・福島県・岩手県のCAPグループに所属している、
または所属を希望する方

◆JCAP311Projectを応援してください!
311支援金専用口座
三菱東京UFJ銀行 札幌支店
口座番号 3997427
口座名 一般社団法人J-CAPTA
※7月31日現在 総額 1,319,724円をご寄附いただいています。
ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。