10月30・31日、いよいよ開催直前!!

2008年ISPCAN(国際子どもの虐待・ネグレクト防止協会)香港大会で基調講演をするフィンケルホー博士

2008年ISPCAN(国際子どもの虐待・ネグレクト防止協会)香港大会で基調講演をするフィンケルホー博士


J-CAPTA事務局です。
待望のデービッド・フィンケルホー博士来日フォーラム。
開催まであとわずかです。

一足先に、フィンケルホー博士のレジュメを見てみると……
「青年期はより深刻な犯罪被害にあっている」
「子どもへの虐待と子どもの被害はなぜ減ったのか?」
・・・・・・など、興味深い内容がいっぱいです。

その他日本の各分野で活躍している方々による講演、
パネルディスカッション、実践・ポスター発表等の多彩な2日間です。

すでに多くの申し込みがありますが、若干の余裕がありますので、
当日受付もいたします。
ぎりぎりまで参加を迷っている方もどうぞおいでください。

会場では、フィンケルホー氏の著書
「子ども被害者学のすすめ」森田ゆり他翻訳(岩波書店単行本)¥2,835
を書店に先立って販売いたします。

なお交流会にも100名を超える申込をいただいていますが、
こちらは当日受付はいたしませんので、事前にお申し込みください。

朝日新聞厚生文化事業団
http://www.asahi-welfare.or.jp/info/2010/tokyo/bouryokubo…

日本の虐待予防に新しい1ページが加えられます。
その歴史的な瞬間に一緒に立ち会いましょう!お待ちしています。

コメントは受け付けていません。