「CAPスペシャリスト養成講座in新潟」基礎編、終了しました

お彼岸もすぎ、やっと春の声が聞かれます。
桜の開花宣言のニュースも流れてきました。

3月18日(土)、19日(日)、20日(月・祝)の3日間、
「CAPスペシャリスト養成講座in新潟」の基礎編が終了しました。
新潟では昨年11月に福島から避難してきた子どもへのいじめがあり、新潟市教育委員会では管理主事・指導主事へ人権教育としてCAPワークショップが実施され、CAPが再度注目されている中での開催となりました。キャプチャnnn

会場はいろいろな分野から、若い人も、年配の方も多くの参加者でいっぱいでした。子どもの人権が尊重される社会を創りたい、子どもの声を聴けるおとなになりたい、子どもに寄り添えるおとなになりたい、そんな熱気にあふれていました。

新しいスペシャリストは地域グループで、またグループ同士の交流を通して他県にも活動の場を広げていくことでしょう。
東日本大震災から6年が経ちました。まだまだ解決されない課題はたくさんありますが、子どもたちは着実に前に進んで生きています。
私たちJ-CAPTAはそんな子どもたちの声を聴き、新しいスペシャリストと共に子どもたちに寄り添い、応援することにこれからも力を注いでいきます。2017 niigataB-bbb

コメントは受け付けていません。