報告:CAPスペシャリスト養成講座in福島実践編、終了しました!

10月15・16日、秋晴れの福島市でCAPスペシャリスト養成講座(実践編)を開催しました。(共催:ふくしま子ども支援センター 協力:こどもCAPふくしま)
8月に開催した基礎編の3日間と合わせて全5日間40時間を修了し、あらたに21人のCAPスペシャリストが誕生しました。
fukusima-5
「福島県子どもの心のケア事業」として開催された本講座で学んた「子どもの人権とエンパワメント」の知識とスキルを、子ども支援の現場で活用していただきます。そして県内4つのCAPグループと共にCAPワークショップの現場で活躍されることを期待しています。

今こそふくしまにCAPを広げます!

【参加者の声】
・何かしたい、何ができるかな?一歩を踏み出せそうです。
・CAPの講座を受ける機会をもらえて本当に良かったです。この5日間で学んだことはとても大切なことで、今後ずっと仕事だけではなく人と関わる時にも生かせることです。トレーナーの皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました。
・素敵なCAPの皆さんと出会えたことに感謝しています
・児童相談所についての話が聞けて勉強になりました。相談件数やケースを聞き、件数が増えていること、思っていたより深刻なケースがあることに驚きました。
また、CAPの必要性、コミュニティベースプログラムの大切さを感じました。fukusima-2

コメントは受け付けていません。