報告:CAP中学生暴力防止プログラムトレーナー養成講座終了しました

2016年3月26日(土)、27日(日)兵庫県西宮市で、CAPセンター・JAPANとJ-CAPTAの共同開催「CAP中学生暴力防止プログラムトレーナー養成講座」を開催しました。

講師はJ-CAPTAトレーナーの石附幸子、木村里美、西野緑です。
IMG_2561C
このプログラムは日本におけるCAPのティーン向けプログラムとして、1999年に森田ゆり(現J-CAPTA名誉顧問)さんによって開発されました。思春期の子どもたちの抱える身近な問題が盛り込められたこのプログラムは、全国の中学校、児童養護施設、高等支援学校等で実施されています。
http://j-capta.org/cap/jhsp.html

今回のCAPトレーニングセンター共同開催トレーニングを通して、全国のCAPグループがティーンズプログラムを均一に実施できるよう、質の高い養成講座の提供を目指します。そしてティーンズの子どものエンパワメントを広げましょう。

コメントは受け付けていません。