東日本大震災から5年を迎えて

東日本大震災から5年を迎えました。

5年の月日は私たち一人ひとりの上に平等に流れつつも、その重さはそれぞれが担ってきた状況によって大きく 異なることでしょう。

震災直後、J-CAPTAは「不安を勇気に変える-JCAP311Project」を立ち上げ、岩手県・宮城県・福島県のCAP グループと共に、被災・避難地域の子どもたちにCAPを届けてきました。
このプロジェクトはそこに暮らす方々の生きる力に励まされ、CAPの真価を問い
直す作業となりました。改めて多くの困難の中で共に働いてきて くださっ
たCAPグループの皆さんに敬意を表します。

J-CAPTAは、被災された方々、なお避難生活を送っていらっしゃる方々、新たな生活をスタートされている方々、それを支援し続けている多くの 方々と共に、
この日に祈りを合わせ、この日を忘れずに歩みを進めていきます。

コメントは受け付けていません。