お知らせ:「JaSPCAN信州大会」に参加します 

今週末、長野県松本市で「日本子ども虐待防止学会第19回学術集会信州大会」が開催されます。
日時: 12月13日(金)・14日(土)

2012年12月高知りょうま大会にて

2012年12月高知りょうま大会にて


会場:12月13日 まつもと市民芸術館大ホール
    12月14日 信州大学キャンパス
http://www.jaspcan.org/19th

J-CAPTAはパネル展示と分科会で発表します。

◆分科会B-4
テーマ「児童養護施設における暴力防止教育~長野県でのCAPの実践」
日時:12月14日(土)9:30-11:30
会場:信州大学キャンパス 第1講義棟 3階 35講義室

<内容>
長野県では、長野県、児童相談所、児童養護施設、CAP グループが連携して、児童養護施設の子どもたちに暴力防止教育を実践しています。2009 年2010 年に児童養護施設等の職員研修として「CAP スペシャリスト養成講座」が指定され、児童相談所職員や児童養護施設職員がCAP の理念を共有し、県内すべての児童養護施設において、地域のCAP グループが施設に出向いて行うCAP プログラムが導入されています。
発表者には以下の4名の方々をお招きし、長野県での実践を発表していただき、CAP児童養護施設プログラムの今後の展望を話し合っていきます。

大宮 剛さん (諏訪児童相談所)
川瀬勝敏さん (児童養護施設つつじが丘学園園長)
小林みち子さん (CAPしなの運営委員長)
矢島宏美さん( CAPながの代表)

◆パネル展示は2日間出展していますのでお声かけください。

関心のある皆さま、どうぞお越しください。

★JCAP311支援情報
12月20-22日「CAPスペシャリスト養成講座in郡山」受付中!
福島県子どものこころのケア事業として開催します。
http://j-capta.org/kouza/capspecial.html

コメントは受け付けていません。