2020年12月 のアーカイブ

2020年の終わりに

2020年12月30日 水曜日

新型コロナウイルス感染症が報告されて約1年、2020年、私たちの生活や活動は一変しました。3月の全国学校一斉休校に始まり、授業再開には2~3月を要しました。新しい生活様式に則った学校生活は、今までとは全く違った学習活動を求めていますが、それでも学校が子どもの学びと育ちを保証する大切な場であり、CAPは学校と協力関係を築きながら実践できることに喜びを痛感した1年でもありました。

J-CAPTAは感染拡大の社会的不安の中で、CAPの理念である「不安を勇気に変える」ことの意味を確認してきました。恐怖と不安の中で、人は安心を奪われ、自信を無くし、無力化され、差別・偏見がはびこります。CAPの原点に立ち返り、こんな時だからこそできることを考え続けました。
J-CAPTAでは「感染症対策医療チーム」を特設しアドバイスを受けながら、「J-CAPTA新型コロナウィルス感染症拡大防止ガイドライン」を作成し、CAP活動を再開しました。感染症を正しく理解し、感染拡大防止の手段を学び、皆で共有し、徹底して行うことを繰り返してきました。今年も着実にCAPワークショップは実施されています。

日本で最初のCAPスペシャリスト養成講座が開催された1995年から今年で25年、全国でCAPワークショップに参加した子どもとおとなは5,688,994人となりました。途切れることなく地道にCAPワークショップを実践してきた全国のCAPスペシャリストたちの成果です。
感染下、子どもたちの現実はより厳しくなっています。貧困と格差が広がり、子どもはその影響を受けています。今こそ、CAP活動に本気で取り組んでいきます。

2021年が皆さまにとって、全ての子どもたちにとって幸多い年でありますよう心からお祈りいたします。
http://j-capta.org/
CAP