2020年8月 のアーカイブ

報告:総会事業2020 in喜多方、終了しました

2020年8月29日 土曜日

2020年8月22-23日、福島県喜多方市も猛暑の中、J-CAPTA総会事業2020の全プログラムを滞りなく終了しました。今年のテーマ「いのちをまもるCAPの役割」にふさわしい2日間でした。

J-CAPTA感染対策医療チームのアドバイスのもと、感染対策を徹底して行いました。
ご参加いただいた皆さまご協力ありがとうございました。(参加者76人)

◆8月22日(土)
恒例のトレーニングリーダー企画研修からのスタート。
テーマは「感染防止に配慮したワークショップの実践報告」。コロナ禍の中でもCAPワークショップを実施しているグループの中から6グループが実践報告をしました。
IMG_3364s

定時総会
総会議案はすべて承認されました。(当日出席15グループ・委任18グループ)
IMG_3373s

総会第2部「助成採択グループ成果発表会」
2019 年度CAP 基金助成採択4グループ、ドコモ市民活動団体助成採択7グループ、成功事例発表エントリー5グループが発表しました。助言者:川北秀人さん(前理事長/IIHOE)、ゲスト:モバイル・コミュニケーション・ファンド、新潟 NPO 協会

交流会
サプライズゲストの森田ゆりさんのオンライン講話付きでした。「DVと性暴力は世界の公
衆衛生への脅威」

 IMG_3393s2020総会2部川北さんBC
IMG_3395F

    ・-----・-----・-----・-----・-----・

◆8月23日(日)
CAPパレード
今年はあいづCAPによるステージからのCAPアピール。
2020CAPパレードB

記念講演「いのちをまもる~いじめと子どもの生きる権利」
講師:葛岡道男さん(保護者)、倉持惠さん(弁護士)
子どもを亡くされた保護者さんの「いじめと自死の関連性」の認定を求めた5年に渡る真相解明への闘いと複雑な思いを伺いました。 保護者の代理人としてこの重大事案に関わった弁護士さんからは、第三者委員会の役割と被害者支援についてお話いただきました。IMG_3430 ss

全体研修「性的虐待判決-無罪と有罪の狭間」講師:岩城正光さん(弁護士/J-CAPTA理事)
今年2月、愛知県内で起きた父親から娘への性的虐待に、逆転有罪懲役10年の判決が大きく報道されました。弁護士としてかかわった岩城理事に有罪と無罪の狭間に何があったのかを伺いました。IMG_3434ss

公開講座
「2021年度ドコモ市民活動団体助成事業助成金説明会」(NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド)
特別研修「助成金申請書の書き方から、事業と組織の在り方・進め方を考える」講師:川北秀人さん(前J-CAPTA理事長/IIHOE代表者)
「助成とは成長を助けること」。学んだことをしっかり地域のCAP活動に活かします。IMG_3442ss

2020年、私たちは新型コロナウイルス感染症という新たな課題に直面しています。J-CAPTAが立ち上がった1年目の2011年、東日本大震災が起きたとき私たちは被災地における子どもの人権を守るために、「不安を勇気にかえる」ことを合言葉に全力を注ぎました。今回の新型コロナウイルス感染症も同様に、どんな状況にあっても子どもを中心にした社会、子どもの人権が守られる社会を目指して、安全に着実に活動を推進していきます。