2017年8月11日 のアーカイブ

報告:「CAP就学前プログラム養成講座inリアス」終了しました

2017年8月11日 金曜日
プレワークで使う人形を手に練習

プレワークで使う人形を手に練習

停滞し続け、長期間の暴風雨をもたらした台風5号。
被害に遭われた地域の一日も早い復旧を願っています。

さて、7月29日(土)、30日(日)の2日間、岩手県山田町で「CAP就学前プログラム養成講座inリアス」が開催されました。
山田町の幼稚園・保育園にCAPを届けたい!との熱い思いに溢れる2日間でした。

東日本大震災後、JCAP311Project、ユニセフ連携事業として2012年12月に山田町でCAPスペシャリスト養成講座を開催しました。
5年後の今、津波と火災で壊滅状態だった山田町は、町の拠点地域が盛土され、新しい道路が敷設され、住宅や商店が仮設から移動し、復興の賑わいを見せています。

今回はCAPリアスのメンバーが中心となった養成講座でしたが、これから山田町の幼稚園・保育園にCAPを届ける大切な事業となりました。

CAPリアスの代表の方が、震災直後に「山田町の子どもたちが、山田に生まれてよかった、山田に育ってよかったという町を作っていきたい!そのためにCAPを子どもたちに届けたいのです」と語った言葉を思い起こします。

【参加者の声】
・就学前プログラムの有効性基準~緻密な配慮の元組み立てられていることが分 かり、素晴らしさを感じました。
・トレーナーのお2人はとても素晴らしく来ていただくと安心してロールプレイなどや ってみようかなという気持ちになります。
・協力グループの大変暖かいサポートに感謝いたします。

yamada-ss