2016年3月 のアーカイブ

報告:CAP中学生暴力防止プログラムトレーナー養成講座終了しました

2016年3月30日 水曜日

2016年3月26日(土)、27日(日)兵庫県西宮市で、CAPセンター・JAPANとJ-CAPTAの共同開催「CAP中学生暴力防止プログラムトレーナー養成講座」を開催しました。

講師はJ-CAPTAトレーナーの石附幸子、木村里美、西野緑です。
IMG_2561C
このプログラムは日本におけるCAPのティーン向けプログラムとして、1999年に森田ゆり(現J-CAPTA名誉顧問)さんによって開発されました。思春期の子どもたちの抱える身近な問題が盛り込められたこのプログラムは、全国の中学校、児童養護施設、高等支援学校等で実施されています。
http://j-capta.org/cap/jhsp.html

今回のCAPトレーニングセンター共同開催トレーニングを通して、全国のCAPグループがティーンズプログラムを均一に実施できるよう、質の高い養成講座の提供を目指します。そしてティーンズの子どものエンパワメントを広げましょう。

東日本大震災から5年を迎えて

2016年3月11日 金曜日

東日本大震災から5年を迎えました。

5年の月日は私たち一人ひとりの上に平等に流れつつも、その重さはそれぞれが担ってきた状況によって大きく 異なることでしょう。

震災直後、J-CAPTAは「不安を勇気に変える-JCAP311Project」を立ち上げ、岩手県・宮城県・福島県のCAP グループと共に、被災・避難地域の子どもたちにCAPを届けてきました。
このプロジェクトはそこに暮らす方々の生きる力に励まされ、CAPの真価を問い
直す作業となりました。改めて多くの困難の中で共に働いてきて くださっ
たCAPグループの皆さんに敬意を表します。

J-CAPTAは、被災された方々、なお避難生活を送っていらっしゃる方々、新たな生活をスタートされている方々、それを支援し続けている多くの 方々と共に、
この日に祈りを合わせ、この日を忘れずに歩みを進めていきます。