2012年10月 のアーカイブ

お知らせ:CAP中学生暴力防止プログラムinいわき 開催

2012年10月24日 水曜日

勉学やスポーツ、運動会や文化祭とイベントや行事が多く、
活動的な季節です。

J-CAPTAでも11月10、11日(土・日)、福島県いわき市で、
「CAP中学生暴力防止プログラム養成講座」を開催します。

中学生暴力防止プログラムは日本におけるCAP の中学生向けのプログラムとして1999 年に森田ゆりさんによって開発されました。
実施された中学校ではその効果が高く評価され、継続的に実施されています。
プログラムの中には、思春期の子どもたちの抱える身近な問題が盛り込まれています。 (写真はいずれも2011年8月秋田会場にて)
img-Akita1   img-Akita2
JCAP311Project が進む中、
中学校からの問い合わせも多く、中学校での実施が求められています。
この講座では中学生暴力防止プログラムの基本となる知識やスキルを学び、
普及の戦略についても考えていきます。

これから中学生暴力防止プログラムに取り組まれるグループの方、
ファシリテーターを目指す方はどうぞご参加ください。
既に受講された方のフォローアップ受講も受け付けています。
講師は森田ゆりさんから」引き継いだ、J-CAPTAトレーナーが担当します。

日時: 2012年11月10日(土) 10:00~18:00 (9:30開場)
            11日(日) 9:15~17:15
場 所: いわき産業創造館 LATOV(ラトブ)6階
    (福島県いわき市平宇田町120番地/TEL0246-21-7570)
講 師: 石附幸子・木村里美・西野緑

※ 問い合わせ・申込み: TEL/FAX 011-666-8517
   総合インフォメーション: j-capta@j-capta.org

 

◆JCAP311Projectを応援してください!
J-CAPTAでは、福島県・宮城県・岩手県の子どもたちにCAPワークショップを無料で届ける活動を継続しています。
311支援金専用口座
三菱東京UFJ銀行 札幌支店
口座番号 3997427
口座名 一般社団法人J-CAPTA

報告:「CAPスペシャリスト養成講座in福島」終了しました。

2012年10月16日 火曜日

10月14-15日、福島市の街なか広場では復興支援イベントに大勢の子どもたちや若者達が集い、歌やダンスでにぎわう秋晴れの2日間でした。

そのすぐ近くで開催したJ-CAPTA&日本ユニセフ協会連携事業「CAPスペシャリスト養成講座実践編」の会場内も、子どもたちにCAPを届けたいという決意と熱い思いがあふれていました。(参加者54人)
そして新たに38人のCAPスペシャリストが誕生しました!
Fkusima1
9月に実施した基礎編にはNHKの取材が入り、ハートネットTVでCAPが紹介され、J-CAPTA養成講座の映像が放送されました。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2012-09/19.html

養成講座を修了した皆さんは、地域のCAPグループに所属して、被災地でのCAP活動に参加します。

協力グループ、こどもCAPふくしまの皆さんの心づくし。秋の味覚も。

協力グループ、こどもCAPふくしまの皆さんの心づくし。秋の味覚も。

◆次回のCAPスペシャリスト養成講座は、岩手県沿岸部で開催します。
基礎編:2012年12月21・22・23日(金・土・日)
実践編:2013年1月19・20日(土・日)
場所:山田町船越防災センター(岩手県下閉伊郡山田町船越6-52-8)
対象:18歳以上の方
受講料:岩手県・宮城県・福島県の方はユニセフ連携事業により無料です。
全国の学生または22歳までの若い方もJCAP311支援により無料です。
資料請求は、j-capta@j-capta.orgへ。

 

◆JCAP311Project支援情報
福島県・宮城県・岩手県ではCAPワークショップを無料で提供しています。
子どもたちにCAPをプレゼントしませんか!
お近くのCAPグループにお問合せください。
http://j-capta.org/groupmap/index.html

お知らせ:フィンケルホー記念フォーラムin弘前

2012年10月4日 木曜日

J-CAPTAでは、世界的調査研究者デービッド・フィンケルホー氏を招いて開催したフォーラムを記念して、毎年同時期にフィンケルホー記念フォーラムを行っています。
今年のテーマーは、「障がいのある子どもへの暴力防止」について取り上げます。皆様ぜひおいでください。

【独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業】
障がいのある子どもを暴力から守るために~震災を経て、今必要なこと~

・日時:2012年10月27日(土)14:00~17:00(13:30開場)021C
・会場:東北女子短期大学50講義室(青森県弘前市上瓦ヶ町25)
・参加費:学生無料、一般500円
   *直接会場へお越しください。

◆対談講演「障がいと虐待、その理解と支援のあり方」
新田初美さん(小児科医/J-CAPTA理事)
宮地廸彦さん(元情緒障害児短期治療施設長/J-CAPTA理事)  

009A◆現場からのメッセージ「子どもを支え、つながる地域を目指して」
特別支援学校教頭、中学校養護教諭、CAPスペシャリスト他

協力:CAPつがる&CAPみちのく

 

 

 

 【J-CAPTA会員の皆様へ】

◆27日18:00~交流会(企画CAPつがる&CAPみちのく)
*青森県はCAPグループができて、今年で10年を迎えます。お祝いに駆けつけましょう!
28日はスペシャリスト研修です。地域での実践から課題を整理し、今後の取り組みに生かしましょう。

◆スペシャリスト研修
・日時:10月28日(日)10:00~16:00
・場所:東北女子短期大学第1会議室(青森県弘前市上瓦ヶ町25)
・参加費:500円
「障がいのある子どもへCAPを届ける」
・実践報告
・ガイドラインと実施のポイント
講師 J-CAPTAトレーナー木村里美

※実践報告をするグループには、交通費1人分補助いたします。
また若い世代のフォーラム運営J-CAPTAスタッフを募集します!(交通費支給)

開催要項はj-capta@j-capta.orgへご請求ください。