2011年7月11日 のアーカイブ

JCAP311Project~仙台から希望の発信を~

2011年7月11日 月曜日

「子どもへの暴力防止フォーラム2010」での坪井さん(朝日新聞厚生文化事業団ホームページより)

「子どもへの暴力防止フォーラム2010」での坪井さん(朝日新聞厚生文化事業団ホームページより)

CAPトレーニングセンター「J-CAPTA」は、
子どもの人権を尊重し一人一人の子どもを大切にする社会を
目指して、地域のCAPグループと共に活動しています。

今回仙台市でのJ-CAPTA総会開催を記念して、
J-CAPTA理事坪井節子さんの講演会を開催します。
「きちんと話を聴くおとながそばにいれば、
子どもはちゃんと自分の力で立ち上がって歩いていく」……
復興の中でも子どもの人権尊重とエンパワメントを広げましょう。
皆さまどうぞお誘い合わせの上おいでください。

日時:2011年7月30日(土)10:30~12:30
会場:ハーネル仙台(仙台市青葉区本町2-12-7)
講演:ひとりぼっちじゃないよ
~社会的養護の視点から~
講師:坪井節子さん
【講師プロフィール】
坪井節子(つぼいせつこ)J-CAPTA理事/弁護士
東京生まれ。1987年より東京弁護士会「子どもの
人権救済センター」などで、少年事件の付添人活動や
学校、家庭福祉、福祉の現場においていじめ、
虐待に苦しむ子どもたちの相談、援助活動に携わる。
1991年日本弁護士連合会「子どもの権利委員会」委員。
現在、社会福祉法人カリヨン子どもセンター理事長として
10代の子どものためのシェルターや自立援助ホームを運営。
著書に『子どもは大人のパートナー』(明石書房)、
『子どもたちに寄り添う』(いのちのことば社)など多数。

不安を勇気に転ずるCAPのちから「J-CAP311Project」でつながろう2011年7月30日(土)12:30~14:30  JCAP311Project発足会
J-CAPTAは被災地域のCAPグループと被災・避難地域でのCAP活動支援を目的に「JCAP311Project」を設置しました。講演会に引き続き「JCAP311Project」発足会をいたします。軽食をご用意しますので、どなたでもご参加ください。
参加費無料です。

申込みは、j-capta@j-capta.orgへ。

◆JCAP311Project活動報告
・地震により事務所内の被害が大きかった「CAPみやぎ」へパソコンを送りました。
・今も原発事故が続く「福島県内CAPグループ」へ、広報啓発グッズを送りました。
・7月4日仙台市にてJ-CAPTA&ユニセフ&岩手県・宮城県CAPグループ合同ミーティングをしました。

◆JCAP311Project支援情報
以下の方は、CAPスペシャリスト養成講座の受講料が免除になります。
①学生(ただしCAPグループまたはJ-CAPTAに所属する方)
②宮城県・福島県・岩手県のCAPグループに所属している、
または所属を希望する方

◆JCAP311Projectを応援してください!
311支援金専用口座
三菱東京UFJ銀行 札幌支店
口座番号 3997427
口座名 一般社団法人J-CAPTA