2011年5月 のアーカイブ

7月末、仙台にて ~キリン福祉財団助成事業開催~

2011年5月14日 土曜日

被災地に咲く桜

被災地に咲く桜

震災から約2ヶ月が経ちました。
桜前線が北上し、そして新学期が始まりました。
皆さんはどのように過ごされたでしょうか。

今年も変わらず咲く桜を見ながら、子どもを中心においた復興への
道のりと放射能との闘いを、共に担って歩んでいきたいと思っています。
今なお困難の中にいらっしゃる皆様に心よりお見舞い申し上げます。

震災直後に、20歳の学生さんが始めたというサイト「心に残るつぶやき」
(prayforjapan.jp)を見ました。栃木県の避難所で停電のなか最初の夜を
明かしながら作ったそうです。多くの人たちがここで紹介されたメッセージに
勇気づけられ、その後も口コミで広がったので見た方もいらっしゃるでしょうか。
その中のひとつ・・・
「暗すぎて今までに見たことないくらい星が綺麗だよ。
仙台のみんな、上を向くんだ。(@ryoji96さん)」。
・・・こんなときにしか見ることのできないものがあり、
こんなときだからこそ見なければならないものがあるのだ、と思います。

仙台にもCAPグループがあり、日々CAPワークショップをお届けしてきました。
今年のJ-CAPTA定時総会は仙台で開催します。

◆7月30日(午前) 総会記念講演会 *一般公開
「ひとりぼっちじゃないよ~社会的養護の視点から~」 講師:坪井節子理事

◆7月31日スペシャリスト1日研修*会員限定
「社会的責任期におけるCAP活動~普及・連携・継続への戦略」
講師:川北秀人監事

いずれもキリン福祉財団助成を受けて実施します。
みなさん、7月末は仙台に集い、語り、つながりましょう。
震災から4ヶ月経った仙台の空に輝く星に私たちは何を見るでしょうか。

   ※詳細はこのブログでお知らせします